那須で全国山羊サミット開催――研究者、生産者、愛好家ら参加

インバウンド・地域活性

 「農・食・人をつなぐヤギの力」をテーマに第17回全国山羊(やぎ)サミットin那須が3日、栃木県那須町で始まった。全国からヤギの研究者、生産者、愛好家ら250人が参加。ヤギチーズを製造・販売する酪農家や研究事例などを紹介、人とヤギの多面的つながりを確認した。4日まで。

 ヤギネットワークとちぎと全国山羊ネットワークが主催。近年、乳や肉、加工品開発、除草、子どもの情操教育などにヤギを有効活用する事例が相次ぎ、こうした動きをさらに広げようとサミットを開いた。

 全国山羊ネットワークの今井明夫代表は昨年、乳等省令が改正され、殺菌ヤギ乳の成分規格が緩和されたことを紹介。「中山間地などでヤギを共同飼育することで地域の交流が生まれている」と報告した。

 課題としてはと畜場から受け入れを拒否され、肉の活用が滞っていると指摘。ネットワークとして今後、地域食肉センターを運営する市町村などに受け入れを働き掛ける方針だ。 

ヤギ活用 広げよう 栃木で全国サミット

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れている!?――ケンズカフェ東京「特撰ガトーショコラ」のブランディング手法

  10. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top