わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは? 画像 わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

マネジメント

 1項目500円からのセルフ健康チェック。このサービスで14年4月、厚生労働省が定める「検体測定室」の第1号開設者となった企業がある。東京都中野区に本社を構えるケアプロ株式会社。08年に中野に第一号店をオープンすると、“ワンコイン検診”というコピーでサービスを展開。現在までに約30万人の利用者を診断してきた。

 ちなみに、なぜ“セルフ”健康チェックなのかと言うと、その理由は検査の手順にある。利用者は専用の針を利用して、自ら指の先から血液を絞出。それを分析することで、血糖値や中性脂肪など、全7項目の検査結果を説明してくれるという仕組みだ。

■生活改善とそのモチベーションアップに貢献

 ケアプロで予防医療事業部 事業部長を務める落合拓史氏によると、同サービスは生活習慣病の予防としてのニーズを集めているという。

「我々は健康サイクルを回すということを重視しています。検査をして、結果が分かって、健康を改善しようと行動をする。でも、その改善結果が年に一回の健康診断でしかわからないのでは、とてもモチベーションが続きません」

 さらに言うなら、通常の健康診断であれば、その結果が分かるのは大体一か月後のこと。そこで、重症化している臓器などが見つかり、予防ではなく治療として病院に行くことになる。その一方で病気が見つからなければ、あまり診断結果に関心を持たない人も少なくない。

 しかし、ケアプロではその場で検査結果を利用者に通知。しかも、看護師が検査結果をふまえたアドバイスを行ってくれる。数値が悪化したら体がどうなるか? 改善するには何をすべきか? 個人に合わせた生活指導を受けられるため、健康改善に対する指導力は一般の健康診断よりも高いと言える。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

    建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

  2. 本日の新聞から:新興国戦略で一致? トヨタ、ダイハツ子会社化

    本日の新聞から:新興国戦略で一致? トヨタ、ダイハツ子会社化

  3. 2015年上半期、自動車国内生産実績は、8.2%減の465万0840台

    2015年上半期、自動車国内生産実績は、8.2%減の465万0840台

  4. 国交省、中建審と社整審の基本問題小委員を18人に拡充

  5. 賃上げ・設備投資増、経団連会長の「言質」とった安倍首相

  6. 日建連の国際フォーラム、外国人受け入れベストプラクティス表彰

  7. カーAVC機器、新車市場低迷で出荷金額11.1%マイナス…2015年上半期

  8. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  9. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

アクセスランキングをもっと見る

page top