リリース配信とクラウドファンディングが連携、地域事業をPR 画像 リリース配信とクラウドファンディングが連携、地域事業をPR

インバウンド・地域活性

 「地域特化型クラウドファンディング」を利用して資金調達に成功したプロジェクト起案者を対象に、「プレスリリース配信権」を提供する新サービスが5日、スタートした。

 同サービスを連携して展開するのは、プレスリリース配信サービスを行うバリュープレス(東京都世田谷区)と、地域に特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO」を運営する株式会社サーチフィールド(東京都渋谷区)。

 プレスリリースの配信により地域に密着した事業の情報発信量を増加し、地域産業の活性化を目指す同サービス。FAAVOでのプロジェクト達成後、起案者に通常は30000円のプレスリリース配信権が1本分与えられるほか、各地域で起案者をサポートする「エリアオーナー」対して6本のプレスリリース配信権が提供されるという。

 また、バリュープレスのサイト上に「地域特集」コーナーを設置。エリアごとにプレスリリースを束ねることで、その地域に関心のあるメディアや一般ユーザーが情報を取得しやすい環境を作るという。

 メディアを受け手として、地域情報の充実を図る今回の連携サービス。広く取り上げられるような、地域プロジェクトの誕生に期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  6. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  7. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

  8. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  9. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top