本日の新聞から:TPP交渉……自動車部品調達比率55%で大筋合意 画像 本日の新聞から:TPP交渉……自動車部品調達比率55%で大筋合意

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年10月5日付

●TPP「大筋合意へ」甘利氏「準備整う」12か国巨大貿易圏(読売・1面)

●マイナンバーきょう施行(読売・1面)

●VW不正08年からか、内部調査に従業員認める、独紙報道(読売 ・7面)

●自動運転車の開発支援、首相、科学技術国際フォーラム(読売・38面)

●TPP異例の延長戦、車や牛肉、実質決着(朝日・2面)

●「女性執行役員いる」23%「人を動かす会社」調査、全日空やパソナ(日経・1面)

ひとくちコメント

米国のアトランタで開かれている環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が大筋合意に達する見通しだという。参加12か国のTPPは交渉開始から5年、日本の参加から2年が経過してやっと終止符が打たれることになる。

甘利明TPP相が米国時間10月4日正午(日本時間5日午前1時)過ぎ、記者団に対し、「午後に閣僚会合を開いて、大筋合意を発表する記者会見を開く準備が整ってきていると思っている」と表明したそうだ。

きょうの各紙が1面トップ記事で「TPP大筋合意へ」と大きく報じている。最大の懸案だったバイオ医薬品のデータ保護期間で米国と豪州が合意したためで、これによって交渉全体が大きく前進することになる。

このうち、日経は「自動車輸出に追い風」とのタイトルで「関税がなくなる利点をすぐに享受できるのが、自動車部品の業界だ」と指摘。「主要市場の米国で、全品目の8割超の部品の関税がTPP発効後すぐに撤廃される」としている。

また、完成車でも「ベトナムは大型車を対象に70%の高い関税を10年ほどでなくすほか、カナダも6%の関税を数年間でなくす」と伝えた。

自動車部品の調達比率については「原産地規則」での各国の思惑が難航の末、日米とカナダ、メキシコの4か国が、TPP加盟国から調達する部品の割合を「55%」程度とすることで大筋合意したとみられる。

ただ、米国が課す自動車本体の関税(乗用車2.5%、トラック25%)については「何年かけて撤廃するかでまだ確定していない」(朝日)など、「大筋合意」も手放しで歓迎するわけにもいかないようだ。

【新聞ウォッチ】TPP大筋合意へ、米国向け自動車部品 関税8割超の品目で即時撤廃

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  4. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  5. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 観光関連ビジネスは顧客ターゲットを訪日外国人へ!旅行・観光消費動向調査

  8. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  9. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top