曙ブレーキの模倣品対策……パッケージ刷新 画像 曙ブレーキの模倣品対策……パッケージ刷新

インバウンド・地域活性

曙ブレーキ工業は、「akebono」ブランドの補修用ブレーキパッドのパッケージデザインをリニューアルした。9月25日出荷分から順次変更し、2016年出荷分からすべて新しいパッケージとなる。

今回のリニューアルは、日本とアジアにおける市販ブレーキパッドのパッケージデザインを統一し、模倣品が市場に出回るリスクを防止するとともに、ブランドイメージを高めるのが目的。新デザインは日英併記となり、海外でも取り扱いやすい仕様とした。

akebonoブランド補修用ブレーキパッドの約8割は、米国ワシントン州とカリフォルニア州における規制物質である銅含有量を2025年規制値以下とすることを既に実現し、加えて今後規制の対象となる可能性のあるアンチモンのフリー化もいち早く達成している。

曙ブレーキ、補修用ブレーキパッドのパッケージを刷新…模倣品対策

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

    「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top