【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1) 画像 【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1)

マネジメント

今回の回答者:高橋昌也 税理士・AFP(フィナンシャルプランナー)

質問:
 数年前に起業しました。自分一人で仕事をしていましたが、ある程度軌道に乗ってきたこともあり、社員を雇うことを検討しています。どんなことを気にしておいた方が良いのでしょうか?

回答:
 社員を雇えるくらいの状態になったというのは、とても素晴らしいことですね。一人では出来なかったことが、二人以上になれば可能性が大きく広がります。とはいえ、もちろん全面的に良いことばかりではありませんので、そのあたりを総論的に確認してみましょう。

■経営的に大切なこと
・当面は費用が先行することを覚悟する
 雇ったばかりの社員は戦力にならず、それでも給料は支払わなければなりません。どのような業種でもそうですが、新しく入社した人が戦力になるには早くても数か月、長い場合には数年くらいの時間を要するようです。

 つまり、当面は「売上の増加よりも費用の増加のほうが多いかもしれない」ということを覚悟しなければなりません。となれば、手元にある程度資金がある状態で雇用をしないと、お金が尽きてしまうことになりかねません。

・人を育てる、というのはとても大変だということ
 改めて書くまでもないことかもしれませんが…このことはしっかりと考えて頂きたいです。何年経っても仕事を覚えない、仕事を覚えたと思ったら辞めてしまった… そんな事例は事業経営に関わっていると沢山みることになります。

 社員教育の方法については、当コラムで触れるにはあまりにも内容が濃すぎるので取り上げないことにします。ただ、最近顕著なのは中小零細事業における「福利厚生策」の採用です。わかり易い例として、最近の建設業界を取り上げてみます。
《高橋昌也》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

    若者をどう確保する? 人手不足加速の建設雇用改善計画

  3. 【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

    【インタビュー】天津事故の影響は?外販比率は? アイシン精機 伊原新社長に聞く

  4. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  5. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  6. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  7. 「ウチ、団体いけます!」――旅行代理店向けの“飲食店立候補型”団体食事予約サービス

  8. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  9. 三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

  10. 【この人に聞く】エクイパルコ社・ロニービック・コンデ・ラグナダ社長

アクセスランキングをもっと見る

page top