超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始 画像 超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2015年度の「超小型モビリティの導入促進」事業の第2回公募を開始した。

国交省では、新たな外出・移動のきっかけをつくる超小型モビリティを活用し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりによる地域振興・観光振興や成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体などの主導によるまちづくりと一体となった先導導入や、試行導入の優れた取り組みを重点的に支援している。

公募期間は10月1日~12月11日まで。対象は、超小型モビリティの特性・魅力を引き出し、創意工夫にあふれるまちづくりと一体になった先導・試行導入事業。

事業に選定されれば、車両導入費、導入計画策定費と導入効果検証費の半分、民間事業のみの場合は3分の1を補助する。

応募案件の中から、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

国交省、超小型モビリティ導入促進事業で2回目の公募開始

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.2

  2. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  3. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

    四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  4. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  5. 空調大手4社/17年4~9月期決算/全社が増収営業増益、ビル空調受注が減少傾向

  6. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. もやし、ようやく値上げの動き/生産者の窮状改善を消費者が「支持」

  9. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  10. 農商工連携と六次産業化、制度利用をビジネスに活かす/前編

アクセスランキングをもっと見る

page top