超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始 画像 超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2015年度の「超小型モビリティの導入促進」事業の第2回公募を開始した。

国交省では、新たな外出・移動のきっかけをつくる超小型モビリティを活用し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりによる地域振興・観光振興や成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体などの主導によるまちづくりと一体となった先導導入や、試行導入の優れた取り組みを重点的に支援している。

公募期間は10月1日~12月11日まで。対象は、超小型モビリティの特性・魅力を引き出し、創意工夫にあふれるまちづくりと一体になった先導・試行導入事業。

事業に選定されれば、車両導入費、導入計画策定費と導入効果検証費の半分、民間事業のみの場合は3分の1を補助する。

応募案件の中から、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

国交省、超小型モビリティ導入促進事業で2回目の公募開始

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

    「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  4. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  5. スマートロックのシェア機能は“合カギ文化”を変える!?【特集「近未来!スマートロックの世界」Vol.4】

  6. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  7. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  8. 首都高の大規模工事、東品川桟橋・鮫洲から始まる

  9. セメント大手4社の16年4~9月期決算。全社が減収、営業減益

  10. 札幌市と北海道がJOCに26年冬季五輪開催提案書を提出、施設整備費は最大2920億円

アクセスランキングをもっと見る

page top