超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始 画像 超小型モビリティ導入促進事業、2回目公募開始

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、2015年度の「超小型モビリティの導入促進」事業の第2回公募を開始した。

国交省では、新たな外出・移動のきっかけをつくる超小型モビリティを活用し、地域特性を生かした魅力あるまちづくりによる地域振興・観光振興や成功事例の創出、国民理解の醸成を促す観点から、地方公共団体などの主導によるまちづくりと一体となった先導導入や、試行導入の優れた取り組みを重点的に支援している。

公募期間は10月1日~12月11日まで。対象は、超小型モビリティの特性・魅力を引き出し、創意工夫にあふれるまちづくりと一体になった先導・試行導入事業。

事業に選定されれば、車両導入費、導入計画策定費と導入効果検証費の半分、民間事業のみの場合は3分の1を補助する。

応募案件の中から、事業計画の内容を外部有識者が評価し、その結果を踏まえて補助対象事業を決定する。

国交省、超小型モビリティ導入促進事業で2回目の公募開始

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  2. ふた付き紙パック牛乳、メーカー販売強化/使いやすさで支持拡大

    ふた付き紙パック牛乳、メーカー販売強化/使いやすさで支持拡大

  3. 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

    建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

  4. 中小企業経営者にとっての自宅は「賃貸」か?「購入」か?(続編)

  5. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  6. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  7. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  8. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  9. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  10. スポーツ振興センター/国立代々木競技場第一体育館等耐震改修/清水建設に

アクセスランキングをもっと見る

page top