マイナンバー対応ソフトウェア、CSAJが2製品を認証 画像 マイナンバー対応ソフトウェア、CSAJが2製品を認証

IT業務効率

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は2日、「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」において、新たに2社2製品を認証したことを発表した。

 今回新たに「給料王17」(ソリマチ)、「PCA人事管理X(PCAマイナンバー収集サービス)」(ピー・シー・エー)の2製品が認証された。今回の2製品を含め、これまで通算12製品が認証されている。

 「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」は、個人番号(マイナンバー)を直接扱う業務アプリケーションが実装すべき機能について、第三者が実装確認・認証する制度。CSAJ政策委員会/マイナンバーWGが策定した「マイナンバー対応評価シート」を使い、必須項目が実装されていることを、評価機関がチェックする。

 認証された製品には「マイナンバー対応」のロゴが付与されるとともに、CSAJのホームページ上で、製品名および対応機能を公開するため、ユーザーが製品選定の目安として活用できる。

CSAJ「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」、2製品を認証

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

    サービス業のIT利用最前線!2 話題の“IoTホテル”が東京進出

  2. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  3. ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

    ロボットアームを装備したドローン、プロドローンが開発

  4. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  5. 【水産流通革命:1】多品種少量ニーズにITで応える

  6. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  7. ~AIで変わる経営:1~分析による裏付け、サイト内の集客増に

  8. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  9. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  10. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

アクセスランキングをもっと見る

page top