マイナンバー対応ソフトウェア、CSAJが2製品を認証 画像 マイナンバー対応ソフトウェア、CSAJが2製品を認証

IT業務効率

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は2日、「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」において、新たに2社2製品を認証したことを発表した。

 今回新たに「給料王17」(ソリマチ)、「PCA人事管理X(PCAマイナンバー収集サービス)」(ピー・シー・エー)の2製品が認証された。今回の2製品を含め、これまで通算12製品が認証されている。

 「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」は、個人番号(マイナンバー)を直接扱う業務アプリケーションが実装すべき機能について、第三者が実装確認・認証する制度。CSAJ政策委員会/マイナンバーWGが策定した「マイナンバー対応評価シート」を使い、必須項目が実装されていることを、評価機関がチェックする。

 認証された製品には「マイナンバー対応」のロゴが付与されるとともに、CSAJのホームページ上で、製品名および対応機能を公開するため、ユーザーが製品選定の目安として活用できる。

CSAJ「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」、2製品を認証

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  2. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

    ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  3. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

    【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  8. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  9. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  10. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top