アドネットワークのジーニー、ジャカルタに現地法人設立 画像 アドネットワークのジーニー、ジャカルタに現地法人設立

海外進出

現地企業との連携を強化
株式会社ジーニーは、9月30日、PT ジーニー テクノロジー インドネシアを設立と発表した。

同社は、これまで契約を継続してきた現地企業との連携を強化するとともに、新規媒体社との契約獲得も目指す。

広告枠の売買システムをユーザー属性解析と結びつけて新たな市場を開拓
同社は、「プログラマティックバイイング」という、ユーザーの属性データや広告主の出稿条件データなどに基づき、広告枠を自動的に買い付けできるシステムを推進している。

広告が画面上に表示されるたびに、ユーザーの属性や広告の掲載サイトに基づいた広告枠の競争入札を行い、配信する広告を決定するというオンラインの広告枠売買の仕組み(RTB: Real Time Bidding)を用いて、新たな広告市場を生み出してきた。

同社は、2012年からアセアン諸国を中心に海外事業を展開しており、特にインドネシアにおいては、数多くの媒体社と提携している。

インドネシア市場において、同社と提携する企業の広告が表示される回数は、1カ月あたりに約10億回を超えているという。

同社は、今後、APAC各国の言語や通貨にも対応していく予定で、各国の現地企業のニーズを取り込んだプラットフォームを提供していく方針だ。

ジーニー ジャカルタに現地法人設立

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. インフラ輸出PR…国交省がモザンビークとタンザニアで官民会議

    インフラ輸出PR…国交省がモザンビークとタンザニアで官民会議

  3. 宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

    宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

  4. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  5. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

  6. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  7. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  8. リンゴ、緑茶、牛肉の輸出額が過去最高に!世界的な和食ブームが背景に

  9. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

  10. 【Sakeの海外戦略:3】中国戦略の鍵はネットとエピソード!

アクセスランキングをもっと見る

page top