【回転窓】地域の守り手続けるには

インバウンド・地域活性

 地域の建設業で働く人の数は、警察と消防に従事する人の10倍以上といわれる。普段はインフラの整備や維持管理などに従事しながら、災害が起きれば、真っ先に現場に駆け付ける▼「皆さんが汗水垂らして働いてくれるからこそ、(災害時に)警察や消防も活躍することができる」。佐藤信秋参院議員は最近、業界関係者が集まる場で、こうしたことを繰り返し訴えている▼11年3月の東日本大震災後も、日本列島は豪雨や噴火など自然の猛威に脅かされている。9月の関東・東北豪雨では、関東地方の国直轄管理河川としては30年ぶりという堤防決壊も発生。激甚化する災害への防災・減災の取り組みは「新たなステージ」に入ったといえる▼災害対応で建設業者が活躍する姿が報じられることは依然少ない。しかし、寸断された道路を啓開する人たちがいなければ、緊急車両を通すことすらできない。自衛隊、消防、警察の活動は「お膳立て」が整って初めてできる▼昨今の状況を踏まえ、大型補正予算を求める声が大きくなってきた。地域の守り手である建設業者の活動継続を考慮した対応を政府に求めたい。

回転窓/地域の守り手続けるには

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  6. 赤いポテチが人気! 色の秘密を探る!

  7. 東京五輪選手村の晴海再開発、これまでにない先進的な環境都市づくり!

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  9. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  10. 渋谷区宇田川町計画(大規模複合ビル)、井の頭通りが変わるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top