【回転窓】地域の守り手続けるには

インバウンド・地域活性

 地域の建設業で働く人の数は、警察と消防に従事する人の10倍以上といわれる。普段はインフラの整備や維持管理などに従事しながら、災害が起きれば、真っ先に現場に駆け付ける▼「皆さんが汗水垂らして働いてくれるからこそ、(災害時に)警察や消防も活躍することができる」。佐藤信秋参院議員は最近、業界関係者が集まる場で、こうしたことを繰り返し訴えている▼11年3月の東日本大震災後も、日本列島は豪雨や噴火など自然の猛威に脅かされている。9月の関東・東北豪雨では、関東地方の国直轄管理河川としては30年ぶりという堤防決壊も発生。激甚化する災害への防災・減災の取り組みは「新たなステージ」に入ったといえる▼災害対応で建設業者が活躍する姿が報じられることは依然少ない。しかし、寸断された道路を啓開する人たちがいなければ、緊急車両を通すことすらできない。自衛隊、消防、警察の活動は「お膳立て」が整って初めてできる▼昨今の状況を踏まえ、大型補正予算を求める声が大きくなってきた。地域の守り手である建設業者の活動継続を考慮した対応を政府に求めたい。

回転窓/地域の守り手続けるには

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 満足度はスマホよりガラケー? 携帯などの顧客満足度調査発表

  7. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  8. JR京葉線の海浜幕張~新習志野間に新駅。上下2階層の線路間ホーム

  9. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top