SA・PAメニューコンテスト全国大会が初開催 画像 SA・PAメニューコンテスト全国大会が初開催

インバウンド・地域活性

NEXCO東日本は、NEXCO中日本/西日本と共同で、NEXCO創立10周年を記念した「SA・PAメニューコンテスト全国大会」を12月22日に服部栄養専門学校で初開催する。

SA・PAメニューコンテスト全国大会は、全国のサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)のレストランなど158店舗が開発した新規メニューの中から、NEXCO各社が主催する予選会を勝ち抜いた12店舗が全国大会に挑み、SA・PAの食の頂点を決定するコンテストだ。

メニューのテーマは、「地元の食材を使用し、地域の食文化や魅力があふれるメニュー」。地域に伝わる郷土料理や調理方法を活用するなど、そのエリアでしか味わうことのできないメニューを開発し、10月1日から販売を開始する。

NEXCO東日本では、全国大会に挑む東日本の代表店舗を選抜するため、10月1日から本コンテストにエントリーする42店舗で2回の予選大会を実施。1次予選では、地域ごとに4つのブロックに分け、利用客によるウェブ投票によるブロック予選を行う。2次予選は、ブロック予選を通過した30店舗が参加する地域ごとのブロック大会を11月に開催し、最優秀を受賞した4店舗が全国大会に出場する。

高速道路No.1グルメは? SA・PAメニューコンテスト全国大会が初開催

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top