満足度はスマホよりガラケー? 携帯などの顧客満足度調査発表 画像 満足度はスマホよりガラケー? 携帯などの顧客満足度調査発表

インバウンド・地域活性

 サービス産業生産性協議会が今年度3回目となる「JCSI(日本版顧客満足度指数)」の調査結果を発表した。今回の調査ではエンタテインメント、携帯電話など5業種、のべ43の企業とブランドが対象となっている。

 同調査は12万人以上の利用者からの回答をもとに行われている、国内最大級の満足度調査。2015年度は6回に分けて、30業種、約400企業の満足度を調査した。その中で、各企業についてのサービス利用前のブランドイメージを問う「顧客期待」、実際に利用した際に感じた品質を問う「知覚品質」、コストパフォーマンスを問う「知覚価値」、利用した上での満足度を問う「顧客満足」、利用したサービスについて他の人に肯定的に伝えるかを問う「推奨意向」、再利用意向について問う「ロイヤルティ」の6項目で調査し、それぞれの指標を算出している。

 今年度3回目となる今回の調査では、エンタテインメント、携帯電話、宅配便、生活関連サービス、インターネットサービスの5業種が対象。

 エンタテインメントでは、劇団四季が87.5ポイントで2年連続「顧客満足」1位を獲得。そのほかの指標でもすべて1位を獲得しており、エンタテインメント業種では圧倒的な評価を得ている。顧客満足で2位につけているのは84.5ポイントの宝塚歌劇団で、こちらは「推奨意向」以外はすべて2位という結果に。3位につけた東京ディズニーリゾートも77.9ポイントと高い水準を誇るものの、推奨意向以外のすべての項目が前年スコアを下回る結果になった。ただし、エンタテインメント業種については全体に高スコアの企業が多く、他業種と比較すると満足度が高い傾向にある。

 エンタテインメントと同じく、トップ企業が全指標1位を獲得しているのが宅配便とインターネットサービスの2分野。宅配便ではヤマト運輸が、インターネットサービスではクックパッドが、それぞれ6指標すべてでトップを独占している。「顧客満足」に関しては、ヤマト運輸が7年連続、クックパッドが3年連続と、高い評価をキープしている状態だ。なお、インターネットサービスではGoogle、YouTube、LINEといったサービスを抑え、Skypeが「顧客満足」で2位を獲得。「知覚品質」でも2位を獲得するなど、複数の指標でトップ5入りしている。

 1位の順位変動があったのが生活関連サービスで、昨年2位の理容サービス・QBハウスが「顧客満足」1位を獲得している。

 指標ごとに混戦模様なのが携帯電話。「知覚品質」「知覚価値」と合わせて「顧客満足」ではau(フィーチャーフォン)が66ポイントでトップとなっているが、「推奨意向」「ロイヤリティ」ではドコモ(スマートフォン)が1位。また、顧客期待ではauのスマートフォン事業が1位を獲得している。

 携帯電話業種に関しては、「顧客期待」や「推奨意向」、「ロイヤリティ」に関してはスマホサービスが優勢だが、「顧客満足」に関してはauを筆頭に、ドコモのフィーチャーフォン、Y!mobileのPHSといった従来からのサービスが上位を占めた。期待度などはスマホが高いが、現時点での使用に関してはサービスがこなれていたり、使い慣れているフィーチャーフォンの方が満足度が高いといえそうだ。なお、スマートフォンに限定すると、「顧客満足」トップはY!mobile、2位はドコモという結果になっている。

 JCSI調査では今後、11月に今年度第4回、12月、1月にそれぞれ第5回、第6回の調査結果を発表する予定。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

    【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

アクセスランキングをもっと見る

page top