65年目で最高記録更新、東京湾納涼船なぜ人気? 画像 65年目で最高記録更新、東京湾納涼船なぜ人気?

インバウンド・地域活性

 開始から半世紀以上たったビジネスが、新たなユーザー層を開拓して過去最高記録を更新し続けている。今年65年目を迎えた東海汽船の「東京湾納涼船」だ。

 東京湾納涼船は7月から9月までの夏期3か月間限定で運行される、東京湾クルーズサービス。竹芝ターミナルを出港し、レインボーブリッジやお台場など夜のベイエリア沿いをめぐって寄港する。船内にはフードコーナーのほか、イベントステージや貸し切りで使える個室なども用意されている。

 今年は3か月間で合計14万5256名が乗船。12年連続での乗客増加で、過去最高記録を更新した。増加する乗客を牽引するのは20代を中心とした若者層。浴衣を着て乗船すると、乗船料と飲み放題のセット料金2600円から1000円割引される。この割引内容が人気となり、大学生らの利用が増加。今年は全体の35%、8月に関しては45%が浴衣姿で乗船した。

 また、シーズン終盤の9月後半にはハロウィンを題材にしたクルーズも。天候に恵まれなかった9月期もこうしたイベントで盛り上げ、記録更新につながった。

 古くからのビジネスにアレンジを加え、新規ユーザーを取り込んだ好例といえそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  6. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  7. 宮城県・名取駅前地区の再開発、大震災で変更・7年越しの事業が本格始動

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 東池袋のシネコン開発、計画を見直しより魅力的な商業ビルへ!

  10. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

アクセスランキングをもっと見る

page top