65年目で最高記録更新、東京湾納涼船なぜ人気? 画像 65年目で最高記録更新、東京湾納涼船なぜ人気?

インバウンド・地域活性

 開始から半世紀以上たったビジネスが、新たなユーザー層を開拓して過去最高記録を更新し続けている。今年65年目を迎えた東海汽船の「東京湾納涼船」だ。

 東京湾納涼船は7月から9月までの夏期3か月間限定で運行される、東京湾クルーズサービス。竹芝ターミナルを出港し、レインボーブリッジやお台場など夜のベイエリア沿いをめぐって寄港する。船内にはフードコーナーのほか、イベントステージや貸し切りで使える個室なども用意されている。

 今年は3か月間で合計14万5256名が乗船。12年連続での乗客増加で、過去最高記録を更新した。増加する乗客を牽引するのは20代を中心とした若者層。浴衣を着て乗船すると、乗船料と飲み放題のセット料金2600円から1000円割引される。この割引内容が人気となり、大学生らの利用が増加。今年は全体の35%、8月に関しては45%が浴衣姿で乗船した。

 また、シーズン終盤の9月後半にはハロウィンを題材にしたクルーズも。天候に恵まれなかった9月期もこうしたイベントで盛り上げ、記録更新につながった。

 古くからのビジネスにアレンジを加え、新規ユーザーを取り込んだ好例といえそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

アクセスランキングをもっと見る

page top