日立製作所など米ジョンソンと合弁設立 空調システム 画像 日立製作所など米ジョンソンと合弁設立 空調システム

海外進出

 米ジョンソンコントロールズ、日立製作所、日立アプライアンスは1日、空調システム事業の合弁会社「ジョンソンコントロールズ日立空調」を設立した。日立アプライアンスが手掛ける空調事業を分割し、合弁会社に移管。多様な最新技術に基づく幅広い製品群を世界で提供する。
 新会社は東京都港区海岸1の16の1に本社を置く。約1万4000人の従業員とアジア、欧州、南米をはじめとする24の製造拠点で設計、エンジニアリング、製造を行う。最高経営責任者(CEO)には、ジョンソンコントロールズのフランツ・サーウィンカ氏が就いた。
 サーウィンカCEOは「広域なグローバルネットワークや技術を駆使し、お客さまへサービスを提供したい。ジョンソンコントロールズと日立は、補強し合う双方の製品ラインアップ、圧倒的なブランド力、そして100年以上の歴史を有する最適な組み合わせだ」とコメントした。
 飯塚愼一最高執行責任者(COO)兼社長は「今回、新会社を設立することで世界の競争を勝ち抜き、前進できると確信している。これまでジョンソンコントロールズと日立は、それぞれ成功基盤を作り上げてきた。新会社は空調事業のさらなる成功への第一歩となる」としている。

日立製作所ら/米国ジョンソンと空調システム合弁設立/世界規模で販売網拡充

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  4. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  5. 日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

  6. ミャンマーで広告マーケティング講座開講……博報堂が支援

  7. ソフトウェアに次ぐ成長分野は? アジアのテック企業成長調査

  8. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

アクセスランキングをもっと見る

page top