建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保 画像 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

人材

 2016年春入社予定の大学生などに対する主要企業の採用内定が1日、正式に解禁され、建設業界でも大手ゼネコンをはじめ、多くの企業で内定式が行われた。採用活動の開始時期を遅らせる経団連の新ルールで日程が過密になり、企業、学生とも対応に追われた今回の採用・就職活動。内定者の中には、緊張の面持ちの中にも安堵(あんど)の表情が見えた。
 経団連は、今回から面接などの選考活動解禁を大学4年の4月1日から8月1日に繰り下げるなど採用活動の日程を変更。内定の解禁は10月1日に据え置いた。
 清水建設は1日、東京都中央区の本社で内定式を行った。同社は、技術系211人、事務系40人の計251人(うち女性59人)に内定を通知し、高校生を除く236人が内定式に出席した。
 辻野直史常務執行役員人事部長が全員に内定通知書を手渡した後、「生活基盤や社会基盤を支える建設業に誇りを持ち、その魅力を発信していってもらいたい。残りの学生生活を悔いなく締めくくる中で、社会人として通用する真心を相手に伝えられるコミュニケーション能力の習得に努めてほしい」と激励した。
 大林組は294人(うち女性46人)、大成建設も294人(同51人)にそれぞれ内定を通知。竹中工務店や鹿島でも内定式が行われ、各社ともおおむね計画数を確保できたようだ。

建設関連各社が内定式開く/ゼネコン大手は計画数確保

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

    銀行が変われば、地域も変わるーー持続可能な信金を目指して/横浜信金

  2. 2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

    2015年版、日本の労働生産性・全要素生産性にみる日本の中長期の課題

  3. ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

    ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ/ドライバー不足対応で

  4. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  5. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  6. 日建連/生産性向上で会員意向調査結果/7割が「経営の重要課題」、背景に技術者不足

  7. ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』に見る、上司と部下の関係

  8. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が

  9. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  10. ~社内コミュニケーションの秘訣~驚異の社員定着率78%はなぜできたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top