「基礎研究の自由の保証重要」ノーベル物理学者・アングレール氏 画像 「基礎研究の自由の保証重要」ノーベル物理学者・アングレール氏

ライフ

 二年連続で日本人がノーベル物理学賞を受賞した。ベルギー出身で、2013年に質量の起源とされる「ヒッグス粒子」の存在を明らかにしたことが評価され、物理学賞を受賞したブリュッセル自由大学名誉教授のフランソワ・アングレール氏(82)。来日したアングレール氏に、基礎物理学の現状などについて聞いた。

 ー以前に比べ基礎物理学の研究は活発になっていますか。
 「日本の状況は分からないが、欧州はあまりポジティブではない。一番の理由は基礎研究をできる限り管理しようとしているからだ。産業界などが短期で実用化したいというのは理解できるが、基礎研究は最初の目的と異なる利用のされ方をすることが多い」

 「もしさまざま制約がかかっていたら、ペニシリンや半導体は開発されなかっただろう。私はゼネラル・エレクトリックやIBMなど米国の企業とも一緒に仕事をしたが、自由が保証されていた。米国はその重要性をとてもよく理解している」

 ー自身の研究が社会に貢献しているか、意識されていますか。
 「基礎物理は、人間の理屈につながり、考え方になって、それが教育になる。文明として重要な柱だ。そして基礎物理は想像力が試される。想像力が飛んでいればいるほど、応用研究から自由を保たなければいけないし、長期的な企画でないといけない。結果的に社会の豊かさにつながると思っている」

 ー物理学者として大成するための素養は。
 「難しい質問だが、研究が自らにどのような影響を与えるのか、という興味と欲望がないといけない。私は高校生の時に文学と数学に興味があった。数学の先生に、『将来、豊かな人生を送りたいならエンジニアになりないさい』と薦められて、物理の世界に入った。そして理解する喜びが基礎物理にあることを知った。今、18歳前後の若者は、何をやりたいかが想像できている人は少ないだろう。あたり前だ。その年齢で自分の意思を決めることはあまりに悲しい。疑って試す権利がある」

 ー若い物理学者へメッセージを頂ければ。
 「40年前と現在では違いもある。できるだけ早く成功することへの社会からのプレッシャーも強い。選択できる独立性を持つことが重要で、本当に自分が好きで好きでどうしようもない研究をすることだ。そこから幸せが生まれてくる。基礎だろうが応用だろうが関係ない。私はできれば仕事をしたくない。仕事と感じるとつまらないので、ゲームのような気持ちでいる」

 【記者の目/「自由」の中に大切な「出会い」】
 アングレール氏は、今年亡くなった南部陽一郎氏とも深い絆で結ばれている。南部氏と最初に会ったのは30歳の時。それをきっかけに研究にも大きな影響があった。「人間的にも素晴らしい人だった」という。彼の大切にする「自由」の中に大切な「出会い」もある。
(聞き手=明豊)

「自由を保て!」ノーベル物理学者・アングレール氏

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

    全日本教職員連盟委員長に岩野氏再任

  2. ホームベーカリーで手軽に国産小麦粉 「食べ比べセット」販売広がる

    ホームベーカリーで手軽に国産小麦粉 「食べ比べセット」販売広がる

  3. みんなで考えよう、みんなに伝えよう…いじめ防止標語コンテスト参加募集

    みんなで考えよう、みんなに伝えよう…いじめ防止標語コンテスト参加募集

  4. ハイドランジア「筑紫の風」 希少な花色と重量感  

  5. 「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示

  6. 日本最古の鉄製帆船「明治丸」、大林組が修復!

  7. 寒締め栽培ホウレンソウに「老化予防効果」…農研機構が発見

アクセスランキングをもっと見る

page top