富山・伏木富山港へ拠点移行する荷主に奨励金、最大200万円 画像 富山・伏木富山港へ拠点移行する荷主に奨励金、最大200万円

制度・ビジネスチャンス

 富山県で伏木富山港拠点化支援事業費助成金の2015年度分の募集が始まった。他港から伏木富山港の定期コンテナ航路へ移行した事業者らに奨励金が出される。

 助成対象となるのは2015年度中に国内の他港から利用をシフトしたコンテナ貨物事業者、または初めて利用する事業者。貨物の量が10TEU(20フィートコンテナ換算)以上と見込まれる場合、貨物の量に応じて奨励金が出される。

 奨励金額は10~49TEUの場合は1TEUにつき1万円、50~99TEUの場合は1TEUにつき1万5000円、100TEU以上の場合は1TEUにつき2万円で、最大200万円。ただし、LCL(小口混載コンテナ貨物)は対象外となる。

 なお、利用2年目から5年目の荷主企業についても、前年度比でコンテナ取扱量が一定量以上増加している場合、増加分について奨励金が出される。また、RORO船貨物の荷主も対象で、100トン以上の利用が見込まれる場合、前年度からの増加分20トンにつき1万円の奨励金が出される。上限は100万円。

 応募の締め切りは12月25日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

    【東京五輪でビジネスに勝つ】製造技術アピール、動くのは今

  2. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

    【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  3. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  4. 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  5. 油圧式杭圧入機が「車両系建機」に規定!技能講習受講を義務付け

  6. 建機大手4社の16年4~9月期決算、全社が減収・営業減益

  7. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 【解決!社長の悩み相談センター】第13回:生命保険は掛け捨てと積み立て、経営者としてはどちらがよいのでしょうか

  10. 価格は重要なメッセージである!

アクセスランキングをもっと見る

page top