空飛ぶPR! 和歌山県中小企業団体中央会がPeach機命名 画像 空飛ぶPR! 和歌山県中小企業団体中央会がPeach機命名

インバウンド・地域活性

 和歌山県中小企業団体中央会が、航空会社Peach Aviationの保有する旅客機の機体命名権を獲得。「わかやま紀州館 関西空港店号」と名付けられた。

 関西に拠点を置くPeachは、これまでも関西地域の活性化を目的とした取り組みを行っており、今回の展開もその一環として実現した。和歌山のアンテナショップ「わかやま紀州館 関西空港店」のプロモーションとして行われ、機体命名権を企業や団体に公告として提供するのはPeachとしては初の試みとなる。

 命名権が与えられた機体は、10月31日までの1か月間、わかやま紀州館 関西空港店のロゴステッカーが貼られた状態で運航される。また、同機内では店舗を紹介するオリジナル機内アナウンスも流される。このほか、関西空港着の仙台、福岡、ソウル(仁川)線の3路線の機内ではチラシの配布も予定。配布したチラシをわかやま紀州館 関西空港店に持参することで、紀州銘菓「かげろう」など和歌山の名産品がプレゼントされる。なお、プレゼントは数量限定で先着順にて配布される予定。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京・岸記念体育会館、神宮外苑地区に移転

    東京・岸記念体育会館、神宮外苑地区に移転

  2. 立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催

    立体切り絵作家やプロモデラーなど国内の匠による合同展「神の手 ● ニッポン展」開催

  3. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

    地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  6. 南部鉄器など日本の伝統工芸品集めた展示会、会場には通訳も

  7. 土木技術者女性の会、和歌山で現場見学会……トイレは大きな問題

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

  10. 九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top