「世界一のテクノロジーモーターショーを目指す」……自工会 池会長 画像 「世界一のテクノロジーモーターショーを目指す」……自工会 池会長

インバウンド・地域活性

日本自動車工業会の池史彦会長は10月1日、都内で会見し10月29日に開幕する東京モーターショー2015について「量的には中国のショーの方が収容力が大きいので、やはり質的なところで世界一を目指したい」と述べた。

池会長は「2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機に、日本の発展につながる次世代のレガシィを生み出そうという機運が高まりつつある中で、東京モーターショーを最先端技術との心躍る出会いと感動をお届けする世界一のテクノロジーモーターショーとすべく準備を進めてきた」と説明。

世界一の具体的な中身に関しては、今回で3回目となる主催者テーマ事業である『スマート モビリティ シティ 2015』を上げ、「今回は、西第4ホールを全部使い切って、いわゆるテーマパーク型にする。来場者の方が色々なものを自ら体感できる近未来の『明日の街』をつくり、日本が世界に向けて発信できるショーケースのひとつとして世界一を目指す」と述べた。

一方、動員数については「前回の来場者数は90万人を超えている。ヨーロッパのモーターショーと比較しても遜色ない数。パリサロンは会期が倍くらいあるので来場者数は多いが、1日あたりの来場者数で前回が単純平均で9万人、デトロイトやフランクフルトはだいたい7万~8万で、一般の来場者の関心度でいうと、世界に引けをとらないモーターショーだと思っている」と強調した。

2013年に開催された前回ショーの来場者数は90万2800人。自工会では今回のショーで「前回を一人でも上回ることを目指す」としている。

【東京モーターショー15】池会長「世界一のテクノロジーモーターショーを目指す」

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  9. 日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/水辺を生かした施設配置も想定

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top