レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援 画像 レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

マネジメント

従業員の現状の健康状態を可視化し、生活習慣病への将来的なリスクや、そこで負わなければならない医療費負担などを予測し、回避するための対策を立てる。このような健康経営支援サービスを展開しているのが日本医療データセンターだ。

■過去10年間、300万名超のビッグデータを使い「見える化」と「気付き」を促す

 同社は2002年の設立以来、健康保険組合(健保組合)を対象に、保険者のレセプト(診療報酬明細書)情報や健診情報を分析し、コンサルティングを行っている。全体の医療費はどのくらいか、どのような病気にかかっている人がどこにどれだけいるのか、見た目は健康そうでも健診等の数値結果で生活習慣病のリスクを抱えている人がどこにどれだけいるのかなどを、データに基づいて把握できるように支援するサービスだ。

 現在、レセプトの9割は電子化されているが、事業開始当初、こうした情報は手書きの紙情報で、しかも、書き手によって表記や表現などはさまざま。まちまちな表記や表現などを統一し、これらの1つひとつをキーボード入力するのは気の遠くなるような作業だったという。

 しかし、この地道な作業はのちに実を結ぶ。「これまでの10年間の積み重ねで、現在、100を超える組合様から300万名様超のデータをお預かりし、蓄積しています。これらを分析すると、たとえば、血糖値がこれだけ高い人が何年後に糖尿病にかかったの傾向がデータとして見てとれますので、将来的な健康リスクを予測できるのです」と、同社取締役の中村大介氏は話す。

 「弊社では、健診の数値からどのような生活習慣病と合併症を引き起こすか、それに対してどのような医療サービスが必要になり、医療費がどのくらいかかるかをチャートにまとめています。ほかにもこうした資料を用意し、対策の必要性をアドバイスしますと、多くの健保組合様が興味を持たれます。ある健保組合様では、健保組合の会員企業様を集めて弊社から直接、健診の必要性等をご説明する機会を設けたケースもありました」(中村氏)。従業員の健康状態を把握する「見える化」と、健康対策や健診受診の必要性につながる「気付き」が重要なキーワードとなるわけだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  3. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  4. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

  5. 病院への営業開拓ツールの最新版、東京商工リサーチ提供の病院情報「病院DB 2015」

  6. 東急不動産HD、沖縄に大型リゾートなどホテル事業で攻勢

  7. 乳業大手3社の第1四半期決算は営業益が大幅増!値上げもヨーグルト好調

  8. MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る

  9. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  10. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

アクセスランキングをもっと見る

page top