宮崎県が企業立地セミナー 10月15日から“全国行脚” 画像 宮崎県が企業立地セミナー 10月15日から“全国行脚”

インバウンド・地域活性

 宮崎県は企業誘致活動を強化する。2015年度内に全国4都市で「みやざき企業立地セミナー」を開催する。立地企業や県内工業団地などの視察ツアーを計画する。全国で立地セミナーを開くのは5年ぶり。港湾や高速道路などのインフラ整備が進んでいることもアピールする。

 セミナーは15日の福岡を皮切りに、11月5日は大阪、11月13日は東京、16年2月3日は名古屋で開催する。定員は各会場100人。宮崎県が認定する立地企業が講演するほか、河野俊嗣知事ら県関係者が自然や災害リスクが低い立地環境の魅力を訴え、トップセールスを展開する。

 福岡会場はマリンメッセ福岡(福岡市博多区)で時間は15時半から。立地する名古屋精密金型(愛知県東浦町)社長の南谷広章氏、吉川アールエフセミコン(宮崎県新富町)常務取締役の大成克巳氏が宮崎の事業環境を紹介する。

 大阪会場はANAクラウンプラザホテル大阪(大阪市北区)。山福(大阪府豊中市)の柏木直樹常務、住友ゴム工業の小松俊彦執行役員人事総務部長が講演する。

 東京会場はホテルグランドパレス(東京都千代田区)。講師は宮崎ジャムコ(宮崎市)の鈴木雅人社長とGMO NIKKO(東京都渋谷区)の橋口誠社長。名古屋は名古屋東急ホテル(名古屋市中区)で開催する。

 15年度は宮崎県日向市の細島港に大型船が寄港できる水深13メートルの国際物流ターミナルが完成。16年春には北九州市―宮崎市間の東九州自動車道が全面開通するなどインフラ整備が進んでいる。

 セミナー参加費は無料。事前登録制。問い合わせは宮崎県商工観光労働部企業立地推進局企業立地課(0985・26・7096)へ。
(文=広木竜彦)

“全国行脚”でアピール!宮崎県が5年ぶりに企業立地セミナーを再開

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  9. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top