国土交通省、スキャンツール整備事業者の二次公募…導入済事業者も対象に 画像 国土交通省、スキャンツール整備事業者の二次公募…導入済事業者も対象に

インバウンド・地域活性

国土交通省は、「スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業」の二次公募を開始すると発表した。

国交省は、経済産業省資源エネルギー庁と連携して、一定の要件を満たすスキャンツール本体を購入する自動車整備事業者に対し、購入経費の一部を補助している。

中小・零細の整備事業者を対象に、スキャンツールの導入を促進し、整備作業の高度化を図る狙いだが、スキャンツールは浸透しておらず、予算も消化しきれていない。

このため、今年度の二次公募では、より多くのスキャンツールの活用を可能とする目的で、既に事業場にスキャンツールを保有している場合も補助対象とする。これまでは、スキャンツールを保有していない整備事業者だけが対象だった。

10月1日から10月30日までの期間、補助を希望する整備事業者を二次公募する。補助内容は1事業場あたり補助対象経費の3分の1以内で、補助金上限が10万円。

補助申請の合計額が予算に達した場合、公募は打ち切る。

国土交通省、スキャンツールを導入する整備事業者を二次公募…導入済事業者も対象に

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

    東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 富裕層インバウンドの法則その2

  9. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top