国土交通省、スキャンツール整備事業者の二次公募…導入済事業者も対象に 画像 国土交通省、スキャンツール整備事業者の二次公募…導入済事業者も対象に

インバウンド・地域活性

国土交通省は、「スキャンツールを活用した整備の高度化等推進事業」の二次公募を開始すると発表した。

国交省は、経済産業省資源エネルギー庁と連携して、一定の要件を満たすスキャンツール本体を購入する自動車整備事業者に対し、購入経費の一部を補助している。

中小・零細の整備事業者を対象に、スキャンツールの導入を促進し、整備作業の高度化を図る狙いだが、スキャンツールは浸透しておらず、予算も消化しきれていない。

このため、今年度の二次公募では、より多くのスキャンツールの活用を可能とする目的で、既に事業場にスキャンツールを保有している場合も補助対象とする。これまでは、スキャンツールを保有していない整備事業者だけが対象だった。

10月1日から10月30日までの期間、補助を希望する整備事業者を二次公募する。補助内容は1事業場あたり補助対象経費の3分の1以内で、補助金上限が10万円。

補助申請の合計額が予算に達した場合、公募は打ち切る。

国土交通省、スキャンツールを導入する整備事業者を二次公募…導入済事業者も対象に

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  6. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  7. コシヒカリに代わる米の新品種「新之助」、新潟県が開発

  8. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  9. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  10. 京急泉岳寺駅~新馬場駅間を連立化、3カ所ある踏み切りを除却へ

アクセスランキングをもっと見る

page top