美少女系野菜、キャラクタートラックでPR 画像 美少女系野菜、キャラクタートラックでPR

マネジメント

 茨城県鉾田市産のおいしい野菜お届けだっぺよ――。JA茨城旭村蔬菜(そさい)部会がつくった美少女系キャラクター「なっぱGirls(ガールズ)」のラッピングカー(10トントラック)が登場した。
 キャラクターは同部会の主要品目をモチーフにプロのデザイナーに依頼した。水菜のキャラクターは「水樹ナオ」、ホウレンソウは「北条レン」、小松菜は「小松菜摘」、パプリカは「パプリック佳奈」の4人の少女で構成する。

 昨年、キャラクターが完成し、これまでポスターやのぼりなどを製作。直売所でのイベントや市場でのPRなどに活用してきた。今秋登場したラッピングカーは、消費圏の京浜地区や関西方面への配送に活躍、"走る広告塔"となる。

 同部会部会長の高田清治さん(44)は「年齢、性別を問わずJAの野菜に興味を持ってほしいと企画した。野菜に関心を持つきっかけとなってくれればうれしい」と消費拡大を期待する。

 JAの佐伯美代志組合長も「このような取り組みはJAでは初めて。農家が高齢化する中で、こうした若い感性はとても貴重」と取り組みを応援する。(茨城旭村

ラッピングトラック なっぱGirls“快走” 美少女系野菜PR JA茨城旭村蔬菜部会

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

    東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  3. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

    【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  4. データ入力他に対応するBPOセンター ミャンマーレカム6月1日より稼働

  5. 航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う

  6. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  7. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  8. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  9. いとうせいこう氏×パタゴニア日本支社長辻井隆行氏―自然を体験し財産守る

アクセスランキングをもっと見る

page top