葛飾区のJR金町駅前地区再開発、15年末までに組合設立 画像 葛飾区のJR金町駅前地区再開発、15年末までに組合設立

インバウンド・地域活性

 東京都葛飾区のJR金町駅南口で第1種市街地再開発事業を計画している「金町六丁目駅前地区市街地再開発準備組合」(鈴木肇理事長)は事業計画案を公表した。再開発ビルは21階建て延べ約2・5万平方メートルの規模を想定。9月9日に葛飾区へ組合の設立認可申請書を提出した。年末にも組合に移行する。17年3月の権利変換計画の認可を経て同12月の着工、20年3月竣工を目指す。総事業費は126億4000万円。
 計画地は金町駅南口の駅前広場正面に位置する金町6の3、5(区域面積約4000平方メートル)で、地権者は33人。建物の密集や老朽化、オープンスペースの不足などの課題を解消するため、地区の商業・生活拠点となる再開発ビルを整備し、防災性や利便性の向上を図る。敷地の南側には金町六丁目市街地再開発組合が建設した「ヴィナシス金町」(09年竣工、延べ約8万平方メートル)と連携し、駅前にふさわしい魅力的な空間を創出する。
 事業計画案によると、建物の規模はRC造地下1階地上21階建て延べ2万5100平方メートルで、高さは84メートル。下層階に店舗、5階以上に分譲住宅(180戸)を配置する。特定業務代行者は大成建設・野村不動産JV、設計コンサルタントは佐藤総合計画。

金町六丁目駅前地区再開発(東京都葛飾区)/15年末までに組合設立/準備組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

    【地方発ヒット商品の裏側】水管理システムとシートシャッター、その共通点とは? ……小松電機産業

  3. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

    札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  4. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 犬や猫の顔をかたどったフラワーアレンジメントが人気!/名古屋市の生花店

  7. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  8. 近畿整備局、受発注者参加の工事進捗定例会議実施へ、全工事対象

  9. 坂本龍馬記念館(高知県)、新館増築・改修。入札受付中

  10. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

アクセスランキングをもっと見る

page top