葛飾区のJR金町駅前地区再開発、15年末までに組合設立 画像 葛飾区のJR金町駅前地区再開発、15年末までに組合設立

インバウンド・地域活性

 東京都葛飾区のJR金町駅南口で第1種市街地再開発事業を計画している「金町六丁目駅前地区市街地再開発準備組合」(鈴木肇理事長)は事業計画案を公表した。再開発ビルは21階建て延べ約2・5万平方メートルの規模を想定。9月9日に葛飾区へ組合の設立認可申請書を提出した。年末にも組合に移行する。17年3月の権利変換計画の認可を経て同12月の着工、20年3月竣工を目指す。総事業費は126億4000万円。
 計画地は金町駅南口の駅前広場正面に位置する金町6の3、5(区域面積約4000平方メートル)で、地権者は33人。建物の密集や老朽化、オープンスペースの不足などの課題を解消するため、地区の商業・生活拠点となる再開発ビルを整備し、防災性や利便性の向上を図る。敷地の南側には金町六丁目市街地再開発組合が建設した「ヴィナシス金町」(09年竣工、延べ約8万平方メートル)と連携し、駅前にふさわしい魅力的な空間を創出する。
 事業計画案によると、建物の規模はRC造地下1階地上21階建て延べ2万5100平方メートルで、高さは84メートル。下層階に店舗、5階以上に分譲住宅(180戸)を配置する。特定業務代行者は大成建設・野村不動産JV、設計コンサルタントは佐藤総合計画。

金町六丁目駅前地区再開発(東京都葛飾区)/15年末までに組合設立/準備組合

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top