ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化 画像 ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化

マネジメント

ユルドゥズ社が保有する3社の株式の90%を取得
ダイドードリンコ株式会社は24日、トルコの大手食品グループであるYildiz Holding A. Ş.(以下、ユルドゥズ社)が保有する飲料製造子会社3社の株式の90%を取得し、子会社化することを決定したと発表した。

取得対象となる子会社の1つは、Della Gıda Sanayi ve Ticaret A.Ş.(デッラ・グダ・サナイ・ヴェ・ティジャレット・アー・シェー)で、炭酸清涼飲料とミネラル・ウォーターを製造している。

2つ目はBahar Su Sanayi ve Ticaret A.Ş.(バハル・ス・サナイ・ティジャレット・アー・シェー)で、スパークリング・ミネラル・ウォーターの製造を行っている。

3つ目はİlk Mevsim Meyve Suları Pazarlama A.Ş.(イルク・メヴシム・メイヴ・スラル・パザルラマ・アー・シェー)で、フルーツ・ジュースを製造している。

成長するトルコ市場で競争力の強化を
ユルドゥズ社はトルコ最大の大手食品グループであり、ビスケット事業は世界第3位、チョコレート事業は世界第10位を誇るという。今回の買収により、ダイドードリンコは子会社3社が保有する「Cola Turka」、「Camlica」、「Sunny」、「Eskipazar」、「Flores」、「Link」など8つの飲料ブランドを取得することとなる。

トルコの飲料市場は、過去5年間で年平均2.3%の成長率を記録、人口の増加とともに消費活動も拡大傾向にあり、これからも成長が見込まれる。

今後、ダイドードリンコは国内トップクラスのブランドである「Camlica」を筆頭に、トルコ市場での製品競争力を高め、企業価値の最大化を図る意向だ。また、同社の飲料製品開発力とノウハウを活用し、コーヒー、茶系飲料、エナジードリンクなどを加えることで、製品ラインナップを強化していきたい考えだ。

ダイドードリンコ、トルコの飲料製造子会社3社を子会社化 製品ラインナップを強化

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

    「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  3. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

    ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  4. 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

  5. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  6. 【解決!社長の悩み相談センター】第18回:二人になれば業績も2倍? (1)

  7. 国交省、基礎杭の工事監理指針案、地盤情報や施工留意点の共有を

  8. 野生鳥獣の食肉を売り込め……金属検査で安全性強調

  9. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  10. 東京都清瀬市、国交省の多様な入札契約モデルを具体化

アクセスランキングをもっと見る

page top