フラワートライアルジャパン開幕、東京五輪に向け新品種をPR 画像 フラワートライアルジャパン開幕、東京五輪に向け新品種をPR

イベント

 ガーデニング向けの苗や鉢物、資材を集める園芸業界最大の商談会「フラワートライアルジャパン2015秋」が29日、山梨、長野県の9会場で始まった。猛暑でも作りやすい品種や、従来なかった色や形の花苗の新品種、家庭園芸向け野菜苗など、各社が主力商品を紹介した。商談会は10月1日まで。
 今年のテーマは「競争から共創へ! 八ヶ岳から共に創造する花の未来とおもてなし」。園芸業界全体を盛り上げようと、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた耐暑性のある品種や、長雨など天候不順でも作りやすい新品種などを紹介した。

 約100社が出展、3000人の来場者を見込む。

東京五輪に向け新品種をPR フラワートライアル山梨、長野で開幕

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  2. 中高生のボランティアスピリット賞、受賞者を表彰

    中高生のボランティアスピリット賞、受賞者を表彰

  3. 高校生のビジネスプランが面白い! 日本公庫が起業予備軍を発掘

    高校生のビジネスプランが面白い! 日本公庫が起業予備軍を発掘

  4. 次世代のいけばな! 「学校華道インターネット花展」審査結果発表

  5. ドローン+防災の今!展示会で見かけた新製品&ソリューション

  6. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  7. 【日本国際工作機械見本市】製造業に求められる分業と人材シェア

  8. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

アクセスランキングをもっと見る

page top