フラワートライアルジャパン開幕、東京五輪に向け新品種をPR 画像 フラワートライアルジャパン開幕、東京五輪に向け新品種をPR

イベント

 ガーデニング向けの苗や鉢物、資材を集める園芸業界最大の商談会「フラワートライアルジャパン2015秋」が29日、山梨、長野県の9会場で始まった。猛暑でも作りやすい品種や、従来なかった色や形の花苗の新品種、家庭園芸向け野菜苗など、各社が主力商品を紹介した。商談会は10月1日まで。
 今年のテーマは「競争から共創へ! 八ヶ岳から共に創造する花の未来とおもてなし」。園芸業界全体を盛り上げようと、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた耐暑性のある品種や、長雨など天候不順でも作りやすい新品種などを紹介した。

 約100社が出展、3000人の来場者を見込む。

東京五輪に向け新品種をPR フラワートライアル山梨、長野で開幕

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

  2. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

    【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  3. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  4. 全国小学校社会科研究協議会、来年2月に香川で研究大会

  5. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  6. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  7. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  8. 【国際ロボット展】人工筋肉内蔵「マッスルスーツ」に新たな展開、圧縮空気不要のスタンドアローンタイプも

  9. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  10. 地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

アクセスランキングをもっと見る

page top