土木技術者女性の会、和歌山で現場見学会……トイレは大きな問題 画像 土木技術者女性の会、和歌山で現場見学会……トイレは大きな問題

インバウンド・地域活性

 土木技術者女性の会西日本支部(村上育子支部長)は25日、和歌山市・和歌山県岩出市で建設が進む京奈和自動車紀北西道路の雄ノ山高架橋で現場見学会を開催した。
 雄ノ山高架橋工事は、急峻(きゅうしゅん)な山間部である雄ノ山峠付近に新しく和歌山ジャンクション(仮称)を建設して阪和自動車道と接続するため、地形条件や交差条件が大変厳しく、近畿地方整備局管内でも類を見ない長大橋梁を国施行分だけでも7橋建設するもの。
 工事の規模、難易度共に高く、受発注者の間で知恵を絞りながら、工期短縮のための工夫が行われている。橋脚19本、最大橋脚高さ93メートル、最大橋脚間154メートルの高架橋となっている。
 見学会には、東京、広島からの参加者を含め総勢17人が参加。鹿島の現場事務所で近畿整備局和歌山河川国道事務所の小丸博司建設監督官の全体概要説明を聞いたあと、鹿島の田中啓之雄ノ山工事事務所長、川田建設・佐藤工業異工種JVの黒崎一人所長がそれぞれの工事の概要を説明。
 Dランプ橋(施工=川田建設JV)の現場へ移動し、橋桁の上で現場を見ながら工事の特徴や施工方法などを聞いた。
 引き続き雄ノ山高架橋(分合流部)の現場(施工=鹿島)に移動。各現場では、技術者らしい高度な質問が飛び交っていた。
 鹿島の現場では、来客者用の女性専用と男性専用、現場関係者用のきれいなトイレが設置されてあり、これについても説明。村上支部長は「女性にとってトイレは現場での大きな問題の一つ。トイレの中には着替えることのできるスペースもあり、快適に使っていただける。ただ、現在は非常に高価なものであり、いろいろな現場が採用するような環境が整えば価格も安くなってくる。現場で働く女性たちがもっと声を出してその必要性を訴えてほしい」と話した。

土木技術者女性の会西日本/和歌山県内で現場見学会開く/17人参加、高架橋工事

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top