未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」 画像 未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

マネジメント

UDトラックスは、トラック購入関与者、トラック運転手、一般対象者の計1100名を対象とした「トラックの未来」に関する調査を実施、その結果を発表した。

「どのようなトラックを運転したい/購入したい/街で多くみかけるようになりたいか」を聞いたところ、「従来と比べて格段に燃費が良い」(66%)、「故障しにくい、もしくは故障しても修理が速い」(46%)、「排気ガスが全く、もしくはほとんど出ない」(57%)がそれぞれ1位。全体では、「歩行者や車両に対する安全性能が高い」トラック(39%)がトップとなった。

次に、トラック購入関与者およびトラック運転手に、乗用車とトラックを選ぶときに重視することを聞いたところ、乗用車は上位から「燃費の良さ(59%)」、「外観デザイン(57%)」、「運転のしやすさ(49%)」との結果が得られた。一方トラックは、上位から「運転のしやすさ(67%)」、「燃費の良さ(63%)」、「アフターサービスの良さ(35%)」となった。

最後に「物流の世界が今後ますます進化する上で、トラックはその中心を担っていくと思うか」と聞いたところ、8割が「そう思う」と回答。一方で、「いいえ」と回答した人に、その理由を聞いたところ、3割の回答者が「環境に悪い」ことを理由に挙げており、その他、「運転しづらいから/運転手の負担が重いから」が続いた。

未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」…UDトラックス調べ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

    「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  2. 国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

    国交省、地方管理空港向け舗装維持管理手引作成、点検頻度設定や修繕施工手順解説

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  5. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  6. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  7. アイシン精機、創立50周年記念事業で製品等を自治体に寄贈

  8. 【解決! 社長の悩み相談センター】第9回:株式会社と合同会社の違いって何?

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  10. 「インスタグラム」のPR効果に注目、JA全農などキャンペーン展開

アクセスランキングをもっと見る

page top