魅力的な市町村、Top5に北海道の3都市…地域ブランド調査2015 画像 魅力的な市町村、Top5に北海道の3都市…地域ブランド調査2015

インバウンド・地域活性

 ブランド総合研究所は9月30日、第10回「地域ブランド調査2015」調査結果を発表。もっとも魅力的な市町村は函館市が2年連続、47都道府県では北海道が7連続の1位だった。世界文化遺産に登録された軍艦島がある長崎は、昨年10位から6位に上昇している。

 「地域ブランド調査」は、ブランド総合研究所が年1回実施している調査で、2006年からスタート。10回目を迎える2015年は、全790市(2015年4月末現在)と東京23区、および地域ブランドへの取組みに熱心な187の町村を加えた計1,000の市区町村、47都道府県が対象。各地域に対して、認知、魅力、観光・居住意欲など77項目の設問を設け、地域のブランド力を消費者が各地域に抱く「魅力」として数値化。2015年6月24日~7月17日の期間で、20代~60代の消費者2万9,046人から回答を得た。

 市町村の魅力度ランキングは、1位「函館市」50.4点、2位「札幌市」49.7点、3位「京都市」47.3点、4位「横浜市」42.8点、5位「小樽市」41.9点だった。函館市が1位となったのは、2014年に続いて2年連続3度目。上位9位までは昨年と大きく変動した地域はなかったが、10位に昨年15位の「軽井沢市」がランクインしている。

都道府県の魅力度ランキングは、1位「北海道」58.1点、2位「京都府」47.6点、3位「東京都」38.9点、4位「沖縄県」36.9点、5位「神奈川県」27.3点だった。北海道の1位は、これで7年連続となる。そのほかでは、「長崎県」が昨年10位から6位にランクアップ。今年「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されており、軍艦島などがある長崎県の結果が上昇した。なお、日本各地にあるほかの該当地域については、調査結果から大きな変化は確認できなかったという。

 2015年3月の北陸新幹線開業に伴い、沿線の富山県・石川県などの情報接触度が急上昇した一方で、観光意欲度については富山県内の上昇が顕著となっている。「富山県」が昨年の47都道府県中28位から16位に、「富山市」が昨年の1,000市区町村中134位から76位になるなど、順位・点数ともに上昇が見られた。また、2016年5月のサミット開催が決定した三重県では、「三重県」「伊勢志摩市」の情報接触度をはじめとする各指標が点数・順位とともに上昇している。

 調査結果については、ブランド総合研究所ホームページから閲覧できる。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top