Googleマップ上に「物件価格」を表示するサービスが登場 画像 Googleマップ上に「物件価格」を表示するサービスが登場

IT業務効率

 株式会社マンションマーケット(東京都千代田区)は30日、Googleマップ上にマンションごとの参考価格(中古物件市場での実勢価格)を表示する「マンションスコアマップ」を発表した。

 各マンションの代表的な間取りの部屋を自動で算出し、参考価格をマップ上に表示するという「マンションスコアマップ」。同社が運営しているマンション売却サイト「マンションマーケット」の新機能として提供。Googleマップ上で視覚的に物件価格を見比べることで、周辺相場との比較が容易に行える。

 現在、物件価格の表示に対応しているのは東京23区内の約27000棟で、今後は他の地域にも拡大していく予定。アメリカでは不動産データベースサイト「Zillow」が同様のサービスを提供していたが、国内でのマップ上による物件価格表示サービスは初の試みだという。

 同社はサービス提供の背景として、日本では住宅流通の中で中古住宅のシェアが約13%に留まるなどの課題があり、不動産売却に関する情報提供の拡大を図ることにより中古市場活性化への寄与を目的としているという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. 東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応

    東京駅でロボット案内の実証実験、日本語・英語・中国語で対応

アクセスランキングをもっと見る

page top