働く女子がふるさと納税など考える「日本橋女子納活部」発足 画像 働く女子がふるさと納税など考える「日本橋女子納活部」発足

制度・ビジネスチャンス

 都会で働く女性がふるさと納税や地域貢献について考える「日本橋女子納活部」が発足した。10月14日から本格始動する。

 納活とは税金の使われ方や地域貢献について能動的に考え、行動する活動のこと。部では日本橋を拠点に、働く女性がふるさと納税を通して納活を行っていく。

 本格始動前に行われた1回目のプレ活動では、「初めてのふるさと納税」をテーマにワークショップ形式で話し合いの場が設けられた。長野県高森町の市田柿ミルフィーユなど、ふるさと納税のお礼品を試食しつつ、地域の特産品を知ったり、ふるさと納税を通じた地域貢献について理解を深めている。

 部長の谷口明香さんは第1回のプレ活動を終え、「自身も地方出身者として、地域のために自分がどんな貢献ができるかと模索してきました。女子納活部の活動を通じて、都会で働く女性に税金やその使われ方について考えるきっかけづくりを行っていきたい」とコメントしている。

 同部は9月30日に第2回のプレ活動を実施。その後、10月14日に公認会計士・税理士でマネーWEBマガジン「ビズパ!」編集長の大野修平氏を講師に招き、「少し工夫で年間数万返ってくる!働く女子の為の節税講座」の開催をもって本格始動する。活動は月に1回の予定で、11月には食育インストラクターのはりまや佳子氏を招いて「働く女子のための『ビューティふるさと&クッキング』講座」を開催する。

 今後の活動は日本橋女子納活部公式ホームページにて更新していく予定。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

    【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  2. 厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

    厚労省が高所作業で安全帯のフルハーネス型を原則化へ

  3. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  4. 国交省、アジア太平洋の建設事業で外資規制撤廃求める

  5. 全農、農畜産物の輸出計画、68%増の207億円

  6. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  7. 国交省が電気通信工事の国家資格創設へ。技術検定で制度化、30年ぶりの新種目

  8. 【解決!社長の悩み相談センター】第2回:社会保険料は滞納しても大丈夫?

  9. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  10. 西新宿五丁目再開発、160メートルのビルやコミュニティー広場も

アクセスランキングをもっと見る

page top