働く女子がふるさと納税など考える「日本橋女子納活部」発足 画像 働く女子がふるさと納税など考える「日本橋女子納活部」発足

制度・ビジネスチャンス

 都会で働く女性がふるさと納税や地域貢献について考える「日本橋女子納活部」が発足した。10月14日から本格始動する。

 納活とは税金の使われ方や地域貢献について能動的に考え、行動する活動のこと。部では日本橋を拠点に、働く女性がふるさと納税を通して納活を行っていく。

 本格始動前に行われた1回目のプレ活動では、「初めてのふるさと納税」をテーマにワークショップ形式で話し合いの場が設けられた。長野県高森町の市田柿ミルフィーユなど、ふるさと納税のお礼品を試食しつつ、地域の特産品を知ったり、ふるさと納税を通じた地域貢献について理解を深めている。

 部長の谷口明香さんは第1回のプレ活動を終え、「自身も地方出身者として、地域のために自分がどんな貢献ができるかと模索してきました。女子納活部の活動を通じて、都会で働く女性に税金やその使われ方について考えるきっかけづくりを行っていきたい」とコメントしている。

 同部は9月30日に第2回のプレ活動を実施。その後、10月14日に公認会計士・税理士でマネーWEBマガジン「ビズパ!」編集長の大野修平氏を講師に招き、「少し工夫で年間数万返ってくる!働く女子の為の節税講座」の開催をもって本格始動する。活動は月に1回の予定で、11月には食育インストラクターのはりまや佳子氏を招いて「働く女子のための『ビューティふるさと&クッキング』講座」を開催する。

 今後の活動は日本橋女子納活部公式ホームページにて更新していく予定。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

    『2017年版 中小企業白書』と、創業支援策の課題(前編)

  2. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

    東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  3. 建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

    建設進む北海道新幹線、国内最長の陸上トンネル誕生へ!

  4. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  5. 国交省、貸切バス事業者に対する監査、実効性向上の通達改正

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 新しい「霞が関の顔」、官僚人事でサプライズは?

  8. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  9. 空き家の駐車場を利活用、維持コスト削減や防犯対策へ

  10. 果実&紅茶、この夏、流行の兆し?

アクセスランキングをもっと見る

page top