自動車保険1件契約で浄水剤30リットル分 共栄火災 画像 自動車保険1件契約で浄水剤30リットル分 共栄火災

海外進出

 共栄火災海上保険(株)は10月から、社会貢献活動の一つとして「共栄火災セーフ・ウオーター・フォー・チルドレン・プロジェクト」を始める。自動車保険(任意)の契約1件に付き約30リットル分の浄水剤を開発途上国に届ける。共栄火災によると、保険の商品と連動させて社会貢献活動に取り組むのは業界でも珍しいという。

 同社は、社会貢献活動として20年以上、募金や衣類品などの支援物資を集め、途上国に贈ってきた。新たなプロジェクトでも開発途上国の支援に向け、子どもに安全な水を届けて感染症などを防ぐ狙いがある。

 保険の契約対象となるのは、所有・使用している自動車の契約台数が9台以下の個人・法人。年度末の契約件数に応じて浄水剤の量が決まり、公益財団法人を通じて贈る。

今年度に届ける浄水剤は2100万リットル分(契約車70万台相当)を見込む。

自動車保険1件契約で浄水剤30リットル分 開発途上国を支援 共栄火災

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  2. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  3. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

    ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  4. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  5. 国交省、米国向けインフラ輸出に本腰/160兆円市場、メンテナンスとPPPに商機

  6. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

  7. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  8. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  9. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  10. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

アクセスランキングをもっと見る

page top