バター店頭在庫、安定供給に向け毎週調査へ

インバウンド・地域活性

 農水省が所管する農畜産業振興機構(ALIC)は10月以降、バターの販売状況を把握するためスーパーの店頭調査を毎週実施する。昨年末のようなバター不足が生じる恐れがないかチェックする。同省は、売り場に不足の兆しがあれば卸売会社などに在庫の放出を働き掛けるなど、安定供給を維持したい考えだ。
 調査は今年7月から、同機構が新たに始めた。バターの需給は例年、クリスマス前にかけて逼迫(ひっぱく)する傾向にある。機構は10月から調査の頻度を高め、より正確なデータにする考え。

 首都・近畿圏の主要スーパー97店で、バターが一つ以上、売り場の棚にあるかを調べる。乳業大手などの主要20品が対象。

 9月4~6日に実施した直近の調査では、「陳列あり」が85%、品切れの「欠品」が11%だった。対象品の取り扱いがないのは4%だった。

 同省はJミルクの需給予測を元に、最需要期となる年末も「バターは安定供給できる」(牛乳乳製品課)と見通す。原料となる国産生乳の増産や、国家貿易で1万トン以上を追加輸入したことが要因。ただ、流通業者が需要期に備え、在庫を必要以上にためる恐れもある。同省は今後、バターが十分にあることを流通業界に伝え、円滑な流通を促す考えだ。

バター店頭在庫 毎週調査へ 円滑な流通促す 農畜産業振興機構

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  7. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top