バター店頭在庫、安定供給に向け毎週調査へ

インバウンド・地域活性

 農水省が所管する農畜産業振興機構(ALIC)は10月以降、バターの販売状況を把握するためスーパーの店頭調査を毎週実施する。昨年末のようなバター不足が生じる恐れがないかチェックする。同省は、売り場に不足の兆しがあれば卸売会社などに在庫の放出を働き掛けるなど、安定供給を維持したい考えだ。
 調査は今年7月から、同機構が新たに始めた。バターの需給は例年、クリスマス前にかけて逼迫(ひっぱく)する傾向にある。機構は10月から調査の頻度を高め、より正確なデータにする考え。

 首都・近畿圏の主要スーパー97店で、バターが一つ以上、売り場の棚にあるかを調べる。乳業大手などの主要20品が対象。

 9月4~6日に実施した直近の調査では、「陳列あり」が85%、品切れの「欠品」が11%だった。対象品の取り扱いがないのは4%だった。

 同省はJミルクの需給予測を元に、最需要期となる年末も「バターは安定供給できる」(牛乳乳製品課)と見通す。原料となる国産生乳の増産や、国家貿易で1万トン以上を追加輸入したことが要因。ただ、流通業者が需要期に備え、在庫を必要以上にためる恐れもある。同省は今後、バターが十分にあることを流通業界に伝え、円滑な流通を促す考えだ。

バター店頭在庫 毎週調査へ 円滑な流通促す 農畜産業振興機構

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 規格外の有機野菜を約3割安く飲食店に提供、廃棄野菜の再生に

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

アクセスランキングをもっと見る

page top