秋田のヒーロー「超神ネイガー」、オリジナル米収穫に出動 画像 秋田のヒーロー「超神ネイガー」、オリジナル米収穫に出動

インバウンド・地域活性

秋田県由利本荘市の水田に28日、同県で活躍するご当地ヒーロー「超神(ちょうじん)ネイガー」が“出動”し、稲刈りに打ち込んだ。デビュー10周年を機に初めて春作業から携わった米を収穫した。

 ネイガーは農業青年が変身する「秋田発・地産地消ヒーロー」と銘打って2005年に登場。イベントに出演する一方、さまざまな農作業に挑戦してきた。

 節目の今年は「超神ネイガー米」を作ろうと、同市の農家、前川正敏さん(63)らと共同で、「あきたこまち」と「ササニシキ」の栽培に取り組んできた。代かきや田植え、除草などを経て、この日の収穫となった。同日は前川さんに教わりながらコンバインを操り、乾燥やもみすりも行った。

 「超神ネイガー米」は同県にかほ市の「ふるさと納税」の特典に使われるほか、出演するショーなどで10月下旬から販売をする予定。ネイガーは「農業はかっこいい。みんな米を食って大きくなれよ」と話した。

秋田のヒーロー「超神ネイガー」 稲刈り“出動”

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  4. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  5. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  6. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top