ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意 画像 ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意

海外進出

フランスの自動車大手、ルノーと中国の東風汽車は9月28日、中国でEVを現地生産することで合意した、と発表した。

このEVは、ルノーと東風汽車の中国合弁、東風ルノーが生産するもの。ルノーの中型セダン、『フルエンス』のEV、『フルエンスZ.E.』をベースに開発される。

また、この新型EVは、東風ルノーにとって、初のEV。2017年から武漢工場において、生産を開始する予定で、東風ブランドから中国専用車として発売される。

今回の合意は、ルノーグループと東風グループの両社にとって、持続的な自動車社会の実現に向けた移動手段を提示するものとなる。

東風ルノーのジャック・ダニエルCEOは、「今回のEVでの合意は、COP21のパートナーとしてのルノーの公約を示すもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  3. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

    パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. バンドー化学、ベトナムに新工場

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  9. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  10. 50人の埼玉県立高校生から「世界のリーダー」を育成

アクセスランキングをもっと見る

page top