ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意 画像 ルノーと東風汽車、EVの中国現地生産で合意

海外進出

フランスの自動車大手、ルノーと中国の東風汽車は9月28日、中国でEVを現地生産することで合意した、と発表した。

このEVは、ルノーと東風汽車の中国合弁、東風ルノーが生産するもの。ルノーの中型セダン、『フルエンス』のEV、『フルエンスZ.E.』をベースに開発される。

また、この新型EVは、東風ルノーにとって、初のEV。2017年から武漢工場において、生産を開始する予定で、東風ブランドから中国専用車として発売される。

今回の合意は、ルノーグループと東風グループの両社にとって、持続的な自動車社会の実現に向けた移動手段を提示するものとなる。

東風ルノーのジャック・ダニエルCEOは、「今回のEVでの合意は、COP21のパートナーとしてのルノーの公約を示すもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 唐揚げ専門店「天下鳥ます」バンコクに出店、ブノンペンに続く2店目

  6. 日建設計、シンガポール鉄道跡地国際設計コンペ・マスプラ部門で優勝

  7. “プレモーターリゼーション期”のベトナム自動車市場が伸びる理由

  8. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  9. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  10. 日本写真印刷、マレーシアに合弁会社を設立

アクセスランキングをもっと見る

page top