日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷 画像 日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷

マネジメント

  日本電産は28日、代表取締役副社長執行役員の呉文精(くれ・ぶんせい)氏(59)が30日付で辞任すると発表した。呉氏はカルソニックカンセイ社長だった2013年に日本電産に移籍し、車載事業や家電産業事業などを統括。次期社長の有力候補と目されていた。辞任理由は一身上の都合としている。

 同社の永守重信会長兼社長は自らの後任候補について「実績を上げた人にバトンを渡したい」と話し、車載や家電産業向けで業績を上げてきた呉氏が最有力視されてきた。そのため、呉氏の辞任が次期社長レースに影響するのは必至だ。同社は6月に最高執行責任者(COO)から呉氏を外し、後任は置いていないが、今回の辞任とは無関係としている。

 呉氏が担当する家電産業事業本部統括などは、日産自動車出身の佐藤明副社長(60)が引き継ぎ、車載事業統括は後任を置かず、車載事業本部長で、三菱自動車出身の早舩一弥専務(55)が事実上受け持つ。代表取締役は永守会長兼社長と、生え抜きの小部博志副会長(66)、シャープ出身の片山幹雄副会長(57)の3人体制となるが、後任候補は大きく広がると見られる。

 また、同社は10月1日付で生産技術研究所を本社内に新設。研究所長に東京大学の前田正史教授(63)を招聘(しょうへい)した。同研究所は16年にも建設する予定で、現在は建設場所を選定中としている。

日本電産の呉副社長が突然の辞任。有力候補が去り次期社長レースさらに混沌

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、道路・河川・ダムなどインフラ長寿命化計画!

    国交省、道路・河川・ダムなどインフラ長寿命化計画!

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

    物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  3. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

    東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  4. “即戦力”外国人建設就労者、3月末までに600人超受け入れに

  5. 明光義塾に是正勧告…仙台労基

  6. 文科省有識者会議/国立大学整備5カ年計画で最終報告案/475万平米を改築・改修

  7. 週休2日モデル工事、15年度は60件程度、国交省が課題・解決策へ

  8. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  9. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  10. 農家所得増大に期待、JAグループ経済界と対話、首相「作業効率化後押し」

アクセスランキングをもっと見る

page top