日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷 画像 日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷

マネジメント

  日本電産は28日、代表取締役副社長執行役員の呉文精(くれ・ぶんせい)氏(59)が30日付で辞任すると発表した。呉氏はカルソニックカンセイ社長だった2013年に日本電産に移籍し、車載事業や家電産業事業などを統括。次期社長の有力候補と目されていた。辞任理由は一身上の都合としている。

 同社の永守重信会長兼社長は自らの後任候補について「実績を上げた人にバトンを渡したい」と話し、車載や家電産業向けで業績を上げてきた呉氏が最有力視されてきた。そのため、呉氏の辞任が次期社長レースに影響するのは必至だ。同社は6月に最高執行責任者(COO)から呉氏を外し、後任は置いていないが、今回の辞任とは無関係としている。

 呉氏が担当する家電産業事業本部統括などは、日産自動車出身の佐藤明副社長(60)が引き継ぎ、車載事業統括は後任を置かず、車載事業本部長で、三菱自動車出身の早舩一弥専務(55)が事実上受け持つ。代表取締役は永守会長兼社長と、生え抜きの小部博志副会長(66)、シャープ出身の片山幹雄副会長(57)の3人体制となるが、後任候補は大きく広がると見られる。

 また、同社は10月1日付で生産技術研究所を本社内に新設。研究所長に東京大学の前田正史教授(63)を招聘(しょうへい)した。同研究所は16年にも建設する予定で、現在は建設場所を選定中としている。

日本電産の呉副社長が突然の辞任。有力候補が去り次期社長レースさらに混沌

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

    島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. 社保加入促進へ官民協が申し合わせ、「道半ば」の認識共有

    社保加入促進へ官民協が申し合わせ、「道半ば」の認識共有

  4. 中小企業研究センターが「グッドカンパニー大賞」表彰企業を発表

  5. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  6. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  7. 高松市、屋島山上拠点施設基本設計の委託先にSUOを選定

  8. 週休2日モデル工事、15年度は60件程度、国交省が課題・解決策へ

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

アクセスランキングをもっと見る

page top