日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷 画像 日本電産・呉副社長が突然の辞任…次期社長レース混迷

マネジメント

  日本電産は28日、代表取締役副社長執行役員の呉文精(くれ・ぶんせい)氏(59)が30日付で辞任すると発表した。呉氏はカルソニックカンセイ社長だった2013年に日本電産に移籍し、車載事業や家電産業事業などを統括。次期社長の有力候補と目されていた。辞任理由は一身上の都合としている。

 同社の永守重信会長兼社長は自らの後任候補について「実績を上げた人にバトンを渡したい」と話し、車載や家電産業向けで業績を上げてきた呉氏が最有力視されてきた。そのため、呉氏の辞任が次期社長レースに影響するのは必至だ。同社は6月に最高執行責任者(COO)から呉氏を外し、後任は置いていないが、今回の辞任とは無関係としている。

 呉氏が担当する家電産業事業本部統括などは、日産自動車出身の佐藤明副社長(60)が引き継ぎ、車載事業統括は後任を置かず、車載事業本部長で、三菱自動車出身の早舩一弥専務(55)が事実上受け持つ。代表取締役は永守会長兼社長と、生え抜きの小部博志副会長(66)、シャープ出身の片山幹雄副会長(57)の3人体制となるが、後任候補は大きく広がると見られる。

 また、同社は10月1日付で生産技術研究所を本社内に新設。研究所長に東京大学の前田正史教授(63)を招聘(しょうへい)した。同研究所は16年にも建設する予定で、現在は建設場所を選定中としている。

日本電産の呉副社長が突然の辞任。有力候補が去り次期社長レースさらに混沌

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日本工営、英国設計会社トップを買収へ、企画提案力と受注競争力強化

    日本工営、英国設計会社トップを買収へ、企画提案力と受注競争力強化

  2. 森トラスト、全国7カ所の「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」を大規模改修

    森トラスト、全国7カ所の「ラフォーレホテルズ&リゾーツ」を大規模改修

  3. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

    公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  4. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  5. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  6. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  7. 常時監視の顔認証でなりすましを防ぐ、NECのマイナンバーソリューション

  8. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  9. 竹中工務店15年12月期、売上高3期連続1兆円台、粗利益率8%台に回復

  10. マイナンバー制度、番号通知カードの発送始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top