鹿児島の新特産品を選ぶコンクール、表彰式と知財セミナーを開催 画像 鹿児島の新特産品を選ぶコンクール、表彰式と知財セミナーを開催

インバウンド・地域活性

 鹿児島県は10月6日、県産品コンクール「2015かごしまの新特産品コンクール」を開催する。会場では審査が行われるほか、中小企業向けのセミナーも実施。

 同コンクールは新たな消費を喚起する特産品開発を促進すると同時に、受賞商品の販促による地場産業の活性化を目的としたもの。対象は食品部門と工芸・生活用品部門の2部門で、一般の部に加え、「明治維新150周年」、「明治日本の産業革命遺産」、「奄美群島自然遺産」の3つをテーマにした商品を募集している。

 本年度は食品部門で117品、工芸・生活用品部門で59品が集まり、鹿児島県知事賞など各部門11品が選ばれる。入賞賞品は今後、ブランドショップなどの鹿児島県内施設・イベントのほか、 東京都庁の全国観光PRコーナーといった県外の施設やイベントで展示、販売、PRが行われる予定。

 コンクール当日の13時からは、中小企業向けの知的財産セミナーも実施。東国際特許事務所の弁理士・東和博氏らが、知財の基礎知識や展開事例などを紹介する。事前申し込み制で、定員は100名。また、10時から12時、13時から14時にかけて知財についての窓口相談会も開かれる。セミナー、窓口相談会ともに無料。

 15時からはコンクールの一般公開が行われ、その後に表彰式が執り行われる。会場は鹿児島サンロイヤルホテル。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  7. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

  8. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  9. 「インバウンドというだけでは儲からない」/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

アクセスランキングをもっと見る

page top