日立、高効率インバーターを開発…エコカー向け 画像 日立、高効率インバーターを開発…エコカー向け

IT業務効率

日立と日立オートモティブシステムズは9月28日、両面冷却型フルSiCパワーモジュールを適用した環境対応自動車向けインバーターを開発したと発表した。

欧米や中国などでは、環境規制が段階的に強化されており、ハイブリッド電気自動車をはじめとする環境対応自動車の普及に向けた電費改善や輸送力向上が求められている。これらに応えるには、電動化車両に搭載されるコンポーネントの高効率化や高出力化が不可欠となっていた。

今回開発したインバーターは、低損失化が可能なSiC-MOSFETに流れる電流を均等化させる並列実装技術と高速なスイッチングが可能な配線実装技術を適用。日立従来比で電力損失を60%削減し、同体積での電力容量を約2倍に拡大し、環境対応自動車の長距離走行や快適な加速性能の実現に貢献する。

なお、今回開発した両面冷却型フルSiCモジュールは、10月30日から東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターショー2015」に出展する予定。

日立、エコカー向けインバーターを開発…電力損失60%低減、電力容量は約2倍

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  7. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  8. 【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

  9. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  10. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

アクセスランキングをもっと見る

page top