ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表 画像 ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表

海外進出

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは9月23日、中国で新型車の『グライツ』を発表した。

グライツは、中国市場で主力のコンパクトセダン。現地では11月7日から、ベース価格およそ8万元で発売される。

ホンダのもう一つの中国合弁が、広汽集団との広汽ホンダ。広汽ホンダは小型セダンの『シティ』を中国に投入し、顧客に支持を得ている。今回発表されたグライツは、シティの東風ホンダ版となる。

グライツはシティに対して、一部デザインを専用とし、独自性をアピール。フロントでは、ヘッドライトやグリル、バンパーが専用デザイン。リアは、トランクがシティとは異なるデザインとした。

パワートレインはシティと共通。直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにCVTを組み合わせる。東風ホンダは、「グライツが新たなカーライフの幕を開ける」とコメントしている。

東風 ホンダ、小型セダン「グライツ」発表…シティ が独自デザインに 

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. セブンイレブンのベトナム1号店、24時間営業、オリジナルメニューも

  6. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  7. ASEAN化粧品市場は拡大基調、日韓欧米ら参入で競争激化

  8. 技研製作所/東証1部上場/アジア中心にグローバル展開

  9. 建物設備メンテの日本空調サービス ミャンマーに新会社設立へ

  10. シンガポールで空港ターミナルビルは竹中工務店に。18年半ばに完成予定

アクセスランキングをもっと見る

page top