ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表 画像 ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表

海外進出

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは9月23日、中国で新型車の『グライツ』を発表した。

グライツは、中国市場で主力のコンパクトセダン。現地では11月7日から、ベース価格およそ8万元で発売される。

ホンダのもう一つの中国合弁が、広汽集団との広汽ホンダ。広汽ホンダは小型セダンの『シティ』を中国に投入し、顧客に支持を得ている。今回発表されたグライツは、シティの東風ホンダ版となる。

グライツはシティに対して、一部デザインを専用とし、独自性をアピール。フロントでは、ヘッドライトやグリル、バンパーが専用デザイン。リアは、トランクがシティとは異なるデザインとした。

パワートレインはシティと共通。直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにCVTを組み合わせる。東風ホンダは、「グライツが新たなカーライフの幕を開ける」とコメントしている。

東風 ホンダ、小型セダン「グライツ」発表…シティ が独自デザインに 

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 血液検査だけで早期ガン発見、ビル・ゲイツらも出資で新会社

    血液検査だけで早期ガン発見、ビル・ゲイツらも出資で新会社

  3. 大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成

    大地震のネパール、JAICAによる道路復旧第1弾が完成

  4. ミャンマーでもLINEが使える――政府郵電公社と提携、サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top