ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表 画像 ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダが小型セダン発表

海外進出

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは9月23日、中国で新型車の『グライツ』を発表した。

グライツは、中国市場で主力のコンパクトセダン。現地では11月7日から、ベース価格およそ8万元で発売される。

ホンダのもう一つの中国合弁が、広汽集団との広汽ホンダ。広汽ホンダは小型セダンの『シティ』を中国に投入し、顧客に支持を得ている。今回発表されたグライツは、シティの東風ホンダ版となる。

グライツはシティに対して、一部デザインを専用とし、独自性をアピール。フロントでは、ヘッドライトやグリル、バンパーが専用デザイン。リアは、トランクがシティとは異なるデザインとした。

パワートレインはシティと共通。直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンにCVTを組み合わせる。東風ホンダは、「グライツが新たなカーライフの幕を開ける」とコメントしている。

東風 ホンダ、小型セダン「グライツ」発表…シティ が独自デザインに 

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  5. ~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由

  6. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  7. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  8. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  9. ホンダ・マレーシア、年明けから一部モデル値上げ…通貨下落影響

  10. TPP政府調達分野、越・ブルネイ・マレーシアで公開入札対象拡大

アクセスランキングをもっと見る

page top