青年就農給付金の効果実感6割、未活用で確保厳しさも 画像 青年就農給付金の効果実感6割、未活用で確保厳しさも

インバウンド・地域活性

 青年就農給付金事業を実施した市町村の6割で、2014年度の新規就農者が増えたことが農水省の調べで分かった。就農に必要な研修から支援する同給付金などが実際の就農に役立ったと評価する市町村が多く、今後も新規就農者は増えるとの回答も多かった。一方、事業を実施していない市町村で新規就農者が増えたのは1割にとどまり、後継者確保に苦労している実態が浮き彫りとなった。

 事業は12年度に始まり、原則45歳未満の若手の就農を支援する。(1)先進農家などでの研修期間中、年間150万円を最長2年間給付する「準備型」(2)人・農地プランに位置付けられる認定新規就農者らに、年間最大150万円を最長5年間給付する「経営開始型」――の2本立てで、同給付金を支払う。これが新規就農者の確保に役立っているか把握するため、同省は今年7月に全国の1724市区町村にアンケートした。

 事業を実施した1315市町村のうち、14年度の新規就農者が11年度以前に比べて増えたと回答したのは770市町村と、全体の58%を占めた。理由として、同給付金などの支援策が充実したことや、田園回帰のニーズの高まりなどで農業への関心が高まったとみる意見が多かった。

 一方、事業を実施しなかった407市町村で新規就農者が増えたと答えたのは、10%の41市町村にとどまった。最も多かったのは「変わらない」の82%で、後継者の確保が進んでいない実態が分かった。同省は「事業未実施の地域には、若手がいないなどの理由で、後継者確保が一層厳しいところもある」(就農・女性課)とみる。

 今後の新規就農者の動向については、事業を実施した市町村の44%が増えるとの見通しを示した。一方、事業を実施していない市町村では21%にとどまり、支援を受けていなければ新規就農者の確保が厳しいことを示した。

青年給付金 就農効果 実感6割 未活用 確保厳しく 農水省が市町村調査

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top