【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん 画像 【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

人材

 ◇「無理」「できない」の声でより燃える
 土木技術者として現場や技術支援の部署を経て、今年6月に現職へ。「現場を知っていることが強み。上司や部下などいろんな目線で考えられるし、男女を問わず具体的に働き掛けることもできる。積極的に多くの人たちとコミュニケーションしていきたい」と抱負を語る。現在、女性の活躍推進が大きなテーマだが、「男性が圧倒的に多い会社。男性の意識が変われば社風も変わる」と男性の意識改革に力を注ぐ。
 「無理だ」「できない」という声が多いほど燃える性格。「現場では早出・残業がセットになっている。この発想を変えたい。現場の時短を考えない限り、建設業に時短はない」と言い切る。「建設業の固定されたイメージとは違う面を発信していきたい」とも。
 今夏、内閣府男女共同参画局や日本建設業連合会(日建連)が女子学生を対象にした見学会を数多く企画した。自身も日建連けんせつ小町委員会のメンバーとして現場見学会に参加した。「私は父が携わったダム現場を見て土木に目覚めた。小さいころに少しでも現場に触れることが大切だと思う」。(にしおか・まほ)
 「コンクリート打設が夢にまで出る」というほどの土木屋。「現場の所長をやりたかった」と本音を漏らすが、「後輩が所長になる時が必ず来る。まだ先になるのは分かっているけど、その日が早く来てほしいし、それ(女性所長)が普通になればもっと面白くなる」と笑顔で語る。

凜/清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

    国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

    【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  4. 事業承継と親族後継者の「学び」

  5. 関東9都県の社保未加入対策で施策拡充に進展、未加入元請排除も下請対応に温度差

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 求む! 複数の技能ができる「多能工」!

  8. 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

  9. 「働き方改革」国交相との意見交換、トラック・バス・タクシー自動車運送事業者団体の主張

  10. 国交省、北海道開発局と地方整備局で7人の局長を交代

アクセスランキングをもっと見る

page top