【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん 画像 【HANJO女子】清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

人材

 ◇「無理」「できない」の声でより燃える
 土木技術者として現場や技術支援の部署を経て、今年6月に現職へ。「現場を知っていることが強み。上司や部下などいろんな目線で考えられるし、男女を問わず具体的に働き掛けることもできる。積極的に多くの人たちとコミュニケーションしていきたい」と抱負を語る。現在、女性の活躍推進が大きなテーマだが、「男性が圧倒的に多い会社。男性の意識が変われば社風も変わる」と男性の意識改革に力を注ぐ。
 「無理だ」「できない」という声が多いほど燃える性格。「現場では早出・残業がセットになっている。この発想を変えたい。現場の時短を考えない限り、建設業に時短はない」と言い切る。「建設業の固定されたイメージとは違う面を発信していきたい」とも。
 今夏、内閣府男女共同参画局や日本建設業連合会(日建連)が女子学生を対象にした見学会を数多く企画した。自身も日建連けんせつ小町委員会のメンバーとして現場見学会に参加した。「私は父が携わったダム現場を見て土木に目覚めた。小さいころに少しでも現場に触れることが大切だと思う」。(にしおか・まほ)
 「コンクリート打設が夢にまで出る」というほどの土木屋。「現場の所長をやりたかった」と本音を漏らすが、「後輩が所長になる時が必ず来る。まだ先になるのは分かっているけど、その日が早く来てほしいし、それ(女性所長)が普通になればもっと面白くなる」と笑顔で語る。

凜/清水建設人事部ダイバーシティ推進室長・西岡真帆さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

    建災防がメンタルヘルス対策強化。健康KY、チェックマニュアル策定

  2. i-Con中部サポートセンター、初の女性技術者体験セミナー開く

    i-Con中部サポートセンター、初の女性技術者体験セミナー開く

  3. 国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

    国交省、建設マスターの受賞者406人を決定

  4. 働き方改革へ、業界団体の対応活発化/焦点は適正工期/日建連は4点セット提示へ

  5. 企業のストレスチェック義務化控え、メンタルケアへ関心2割以上……帝国データバンクが従業員の健康管理について調査

  6. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  7. ~HANJO女子~1級建築士にも挑戦したい/長谷工コーポ 足立佳葉さん

  8. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  9. ~社歌コン 応募社の横顔:15~歌で始める地域創生-千葉のイベント会社

  10. 女性が働きやすいオフィスに望むもの、第1位は「アレの充実」

アクセスランキングをもっと見る

page top