建設労働法が改正…4年目以降も就業可能、直接雇用の依頼は適用せず 画像 建設労働法が改正…4年目以降も就業可能、直接雇用の依頼は適用せず

人材

 労働者派遣法の改正に伴い、建設技能者の送り出し・受け入れを認める「建設業務労働者就業機会確保事業」を定める建設労働法が改正された。改正派遣法が求める派遣期間終了時の雇用安定措置は、就業機会確保事業では原則適用しない。改正派遣法では同じ派遣労働者が同一の職場で働ける期間を最長3年に一本化する「個人単位の期間制限」を設けたが、就業機会確保事業はもともと就業日数に制限があるため適用せず、4年目も引き続き送り出し・受け入れは可能とした。
 改正労働者派遣法は今月11日に参院で可決、成立した。関連する建設労働法も同時に改正され、30日に施行される。
 派遣期間終了時の雇用安定措置は、派遣元の事業者に対して▽派遣先への直接雇用の依頼▽新たな派遣先の提供▽派遣元での無期雇用-などを行う義務を課す内容。就業機会確保事業では個人単位の期間制限を適用しないため、雇用安定措置も原則適用せず、新たな派遣先の提供と派遣元での無期雇用の努力義務だけを適用する。
 個人単位の期間制限を適用しないのは、就業機会確保事業では送り出し労働者当たりの就業日数を所定労働日数の5割以内に既に制限しているため。ただ改正派遣法の「派遣先単位の期間制限」は適用されるため、同じ労働者が4年目以降も受け入れ先の同一の組織単位で働くには、受け入れ先の労働組合などの意見を聴取する必要がある。
 一方、派遣元に対し派遣労働者に対する計画的な教育訓練やキャリアコンサルティングを義務付けた改正派遣法の規定は、就業機会確保事業にも原則適用する。
 改正派遣法ではすべての派遣事業を許可制としたが、就業機会確保事業は厚労省の許可を受けた団体傘下の企業間で建設技能労働者の送り出し・受け入れを行っており、既に許可制となっているため改正派遣法の規定は適用していない。

建設労働法が改正/技能者融通、4年目以降も就業可能/直接雇用の依頼は適用せず

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

    カリスマ社長の奥様、会ってみたいその魅力!/Vol.1嶋田奈生子さん(東京 島田商店)

  2. 旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

    旅館業の人材不足をどう解決すればいいのか?(第1回 状況編)

  3. タツミプランニングが「女性用現場監督」ユニホーム導入/街でも恥ずかしくないスタイル

    タツミプランニングが「女性用現場監督」ユニホーム導入/街でも恥ずかしくないスタイル

  4. 人手不足の解決法:1 外国人留学生をスタッフに/Zoff

  5. 迫る中小経営者の大量引退時代、廃業ラッシュは食い止められるか?

  6. 2016年新卒、就職人気企業ランキングまとめ

  7. 国交省・平田研土地・建設産業局建設業課長/政策会議の提言、スピード感持ち具体化

  8. 国交省人事/次官に毛利信二氏、森昌文技監は留任

  9. 熊谷組、女性技術者の定着率向上へ。ネットワーク作りも支援

  10. 建設業界、10年越しの人材不足問題、官民一体の構想始まる!

アクセスランキングをもっと見る

page top