【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」 画像 【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」

IT業務効率

 世界最大級の旅イベント「ツーリズムEXPOジャパン2015」に出展するNTTドコモが、インバウンド(訪日外国人)向けの便利なモバイルアプリを紹介している。

 「てがき翻訳」は、Android 4.3以上のスマホやタブレットにインストールして使うことができるモバイルアプリ。アプリを起動して、指先やスタイラスペンなどで短い文章を書くと、数秒置いて他言語翻訳ができる。

 手書き言語認識のエンジンはサードパーティー製で、ドコモは自動翻訳用のデータベースサーバーを構築している。今のところ対応している言語は、日本語/英語/中国語/韓国語/フランス語。12月をめどに商品化を計画する。iOS版も開発中だという。

 コンシューマー向けには提供が始まっている「はなして翻訳」のビジネス版である「はなして翻訳for Biz」も試作開発中だ。コンシューマ向けアプリは会話を交わすユーザーどうしが左右に並んで話す音声を認識しながら自動翻訳をするイメージだが、ビジネス版はより接客向けの対面インターフェース仕様となっている。業界ごとに頻出する専門用語を学習させてカスタマイズ提供できるところも大きな違いだ。会場ではトライアル版のデモを行っていたが、商品として提供されるタイミングは2016年2月頃になりそうだ。

 インバウンド向けの公衆Wi-Fiは「docomo Wi-Fi for visitor」を紹介。国内最大規模となる約15万箇所のアクセススポットに、英・中・韓対応のコールセンター設置を特徴としてうたう。また高精度な暗号化技術によるセキュリティ性能の高さもアピール。ドコモからBtoB向けの有償商品として提供し、採用する企業が訪日外国人顧客に向けた付加価値サービスとして提供していくイメージを想定している。

【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」を12月に提供

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

    新幹線車両検査にタブレット導入、「ヨシ!」と声に出すと検査内容が自動入力!

  2. 西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

    西武建設と岩崎がVR技術活用の安全教育システム開発。現場を3D再現、気づき体感

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 【外食ビジネスウィーク2015】業界大手のセイコー、iOSアプリによるPOS&オーダリング提供へ

  5. ペットの見守り・健康管理をクラウドで行うビーコンとサービスが登場

  6. ドローンの飛行禁止区域等がわかる地図サービス登場!

  7. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  8. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

  9. 水中維持管理ロボ、試行的導入へ意見交換

  10. ~ITで強い商店街を作る:3~今どきの商店街のO2O戦略

アクセスランキングをもっと見る

page top