【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」 画像 【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」

IT業務効率

 世界最大級の旅イベント「ツーリズムEXPOジャパン2015」に出展するNTTドコモが、インバウンド(訪日外国人)向けの便利なモバイルアプリを紹介している。

 「てがき翻訳」は、Android 4.3以上のスマホやタブレットにインストールして使うことができるモバイルアプリ。アプリを起動して、指先やスタイラスペンなどで短い文章を書くと、数秒置いて他言語翻訳ができる。

 手書き言語認識のエンジンはサードパーティー製で、ドコモは自動翻訳用のデータベースサーバーを構築している。今のところ対応している言語は、日本語/英語/中国語/韓国語/フランス語。12月をめどに商品化を計画する。iOS版も開発中だという。

 コンシューマー向けには提供が始まっている「はなして翻訳」のビジネス版である「はなして翻訳for Biz」も試作開発中だ。コンシューマ向けアプリは会話を交わすユーザーどうしが左右に並んで話す音声を認識しながら自動翻訳をするイメージだが、ビジネス版はより接客向けの対面インターフェース仕様となっている。業界ごとに頻出する専門用語を学習させてカスタマイズ提供できるところも大きな違いだ。会場ではトライアル版のデモを行っていたが、商品として提供されるタイミングは2016年2月頃になりそうだ。

 インバウンド向けの公衆Wi-Fiは「docomo Wi-Fi for visitor」を紹介。国内最大規模となる約15万箇所のアクセススポットに、英・中・韓対応のコールセンター設置を特徴としてうたう。また高精度な暗号化技術によるセキュリティ性能の高さもアピール。ドコモからBtoB向けの有償商品として提供し、採用する企業が訪日外国人顧客に向けた付加価値サービスとして提供していくイメージを想定している。

【ツーリズムEXPOジャパン】ドコモ、5カ国語対応「てがき翻訳」を12月に提供

《山本 敦》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

  7. 【スマート林業:2】経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  8. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  9. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  10. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

アクセスランキングをもっと見る

page top