新潟県燕市の企業との挑戦! 地域ブランド認定コーヒー器具が登場 画像 新潟県燕市の企業との挑戦! 地域ブランド認定コーヒー器具が登場

インバウンド・地域活性

 コーヒー器具の製造や輸入、販売を手がけるカリタは、新潟県燕市のものづくり企業とコラボレーションした新製品を発表。メイドインジャパンのものづくりを世界に向けて発信していく。

 燕市は洋食器をはじめとする金属製品のものづくりが有名で、燕商工会議所では「メイド・イン・ツバメ」認証委員会を設置。燕地域で生産された高品質の製品を、「メイド・イン・ツバメ」として認証している。今回の同社の製品も、「メイド・イン・ツバメ」認証品となった。

 ラインアップは全19製品で、例えばコーヒーのドリップに使う「ウェーブドリッパー」は燕市のタカヒロとコラボ。同社の加工技術をいかし、従来製品とは一線を画すスタイリッシュなデザインに仕上がっているという。

 「日本国内のみならず、世界に向けてメイドインジャパンのものづくりを発信していきたい」というカリタと、「燕の産業や技術の魅力をもっと世界に広めたい」という燕市。今後も同社は燕市内のさまざまなものづくり企業とコラボし、製品を開発していく。なお、今回の新製品群は、30日~10月2日に東京ビックサイトで開催される「SCAJ2015」で展示・実演される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

    大宮駅グランドセントラルステーション化構想/東西通路や重層的交通広場も

  2. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  5. 20政令指定都市、18年度予算案/街づくりなど戦略的投資に積極的

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. ■ニュース深堀り!■町工場主役のインダストリアルツーリズム

  8. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  9. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. ジビエ加工手順、すごろくに…自民・石破茂地方創生相発案で

アクセスランキングをもっと見る

page top