新潟県燕市の企業との挑戦! 地域ブランド認定コーヒー器具が登場 画像 新潟県燕市の企業との挑戦! 地域ブランド認定コーヒー器具が登場

インバウンド・地域活性

 コーヒー器具の製造や輸入、販売を手がけるカリタは、新潟県燕市のものづくり企業とコラボレーションした新製品を発表。メイドインジャパンのものづくりを世界に向けて発信していく。

 燕市は洋食器をはじめとする金属製品のものづくりが有名で、燕商工会議所では「メイド・イン・ツバメ」認証委員会を設置。燕地域で生産された高品質の製品を、「メイド・イン・ツバメ」として認証している。今回の同社の製品も、「メイド・イン・ツバメ」認証品となった。

 ラインアップは全19製品で、例えばコーヒーのドリップに使う「ウェーブドリッパー」は燕市のタカヒロとコラボ。同社の加工技術をいかし、従来製品とは一線を画すスタイリッシュなデザインに仕上がっているという。

 「日本国内のみならず、世界に向けてメイドインジャパンのものづくりを発信していきたい」というカリタと、「燕の産業や技術の魅力をもっと世界に広めたい」という燕市。今後も同社は燕市内のさまざまなものづくり企業とコラボし、製品を開発していく。なお、今回の新製品群は、30日~10月2日に東京ビックサイトで開催される「SCAJ2015」で展示・実演される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  7. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top