【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ 画像 【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ

マネジメント

 マーケティング用語に〈シーズ〉〈ニーズ〉というのがある。シーズを顧客のニーズに合うようにすることが大切などと言われる▼シーズは企業が保有する技術やノウハウのことで、まだ世に出ていないビジネスの種を指す。ニーズはご存じの通り消費者が求めているもの、つまり需要。企業が保有する技術などを市場のニーズに合わせて改良し製品化する。それによって新しい価値を提供し、新たな市場を作るというのがシーズ志向の企業らしい▼先日、建設関連会社の営業の方と話をした際、海外で技術や工法、素材などを売り込むにはシーズとニーズが重要になると言っていた。その国が求めているニーズを把握し、保有する技術・工法をどう組み合わせて提案ができるかが採用のポイントになるという▼日本の建設関連会社には国内で蓄積した技術やノウハウがあり、海外で商売する種(シーズ)はある。ただ、その国のニーズに合っていなければ、日本で評価を得たとしても、採用されることはない▼国内の建設関連企業の海外進出が進むが、その成功の鍵はシーズとニーズのバランスにあるのかもしれない。

回転窓/海外事業でのシーズとニーズ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

    公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  2. 日建連がプレキャスト工法の導入を推進

    日建連がプレキャスト工法の導入を推進

  3. Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

    Amazonで国産新車が買える…オリックスのカーリース

  4. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  5. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  6. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  7. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  8. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  9. 国交省、民間建築物の定期点検結果報告制度を見直し

アクセスランキングをもっと見る

page top