【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ 画像 【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ

マネジメント

 マーケティング用語に〈シーズ〉〈ニーズ〉というのがある。シーズを顧客のニーズに合うようにすることが大切などと言われる▼シーズは企業が保有する技術やノウハウのことで、まだ世に出ていないビジネスの種を指す。ニーズはご存じの通り消費者が求めているもの、つまり需要。企業が保有する技術などを市場のニーズに合わせて改良し製品化する。それによって新しい価値を提供し、新たな市場を作るというのがシーズ志向の企業らしい▼先日、建設関連会社の営業の方と話をした際、海外で技術や工法、素材などを売り込むにはシーズとニーズが重要になると言っていた。その国が求めているニーズを把握し、保有する技術・工法をどう組み合わせて提案ができるかが採用のポイントになるという▼日本の建設関連会社には国内で蓄積した技術やノウハウがあり、海外で商売する種(シーズ)はある。ただ、その国のニーズに合っていなければ、日本で評価を得たとしても、採用されることはない▼国内の建設関連企業の海外進出が進むが、その成功の鍵はシーズとニーズのバランスにあるのかもしれない。

回転窓/海外事業でのシーズとニーズ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:東芝再生なるか、社外取締役7名体制を発表

    本日の新聞から:東芝再生なるか、社外取締役7名体制を発表

  2. 3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

    3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

  3. 人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

    人事担当者は必見! 来年度の就活学生の傾向は○○重視!?

  4. 国土交通省「年末年始の輸送に関する安全総点検」…今年はテロ対策なども

  5. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  6. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  7. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  8. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

  9. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

  10. 中小向けマイナンバー対応マニュアル発刊 建設業振興基金

アクセスランキングをもっと見る

page top