【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ 画像 【回転窓】海外事業でのシーズとニーズ

マネジメント

 マーケティング用語に〈シーズ〉〈ニーズ〉というのがある。シーズを顧客のニーズに合うようにすることが大切などと言われる▼シーズは企業が保有する技術やノウハウのことで、まだ世に出ていないビジネスの種を指す。ニーズはご存じの通り消費者が求めているもの、つまり需要。企業が保有する技術などを市場のニーズに合わせて改良し製品化する。それによって新しい価値を提供し、新たな市場を作るというのがシーズ志向の企業らしい▼先日、建設関連会社の営業の方と話をした際、海外で技術や工法、素材などを売り込むにはシーズとニーズが重要になると言っていた。その国が求めているニーズを把握し、保有する技術・工法をどう組み合わせて提案ができるかが採用のポイントになるという▼日本の建設関連会社には国内で蓄積した技術やノウハウがあり、海外で商売する種(シーズ)はある。ただ、その国のニーズに合っていなければ、日本で評価を得たとしても、採用されることはない▼国内の建設関連企業の海外進出が進むが、その成功の鍵はシーズとニーズのバランスにあるのかもしれない。

回転窓/海外事業でのシーズとニーズ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  2. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

    中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  3. 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

    不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

  4. 主要ゼネコン15年4~12月期決算、民間受注好調、大半が通期の7割超達成

  5. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  6. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  7. 農業を次世代に伝承――「農家のファミリービジネス研究会」が発足

  8. 超高齢化社会に対応する新健康産業を創出……神奈川県

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 日本建築士事務所協会連合会、大内達史会長が2期目へ

アクセスランキングをもっと見る

page top