国交省がスマートIC整備の支援強化…企業誘導 画像 国交省がスマートIC整備の支援強化…企業誘導

インバウンド・地域活性

 ◇物流拠点新設で手続き改善
 国土交通省は16年度から、高速道路沿いへの企業立地を増やすため、スマートインターチェンジ(IC)などの施設整備に対する支援強化と、企業立地の許認可手続きの改善に乗りだす。物流施設などと直結できるスマートICの建設に優先的に補助を行うほか、地方自治体がIC周辺の工業団地へのアクセス道路を整備する際、社会資本整備総合交付金を重点配分する。IC周辺で物流倉庫を新設する際の許認可手続きを速く進められるようにする。
 IC周辺への企業立地の促進は、既存施設を効率的に活用して民間投資を誘発する「ストック効果」を最大限引き出す取り組みの一つ。国交省は16年度予算概算要求でストック効果を重視した社会資本整備を柱にしており、高速道路と沿線の民間施設を直結させるスマートICの整備などをその代表例に位置付けている。
 スマートICはETC搭載車に利用が限定され、簡易な料金所設備の設置で済むのが利点。16年度からは、企業立地のニーズが高い場所へのスマートICの建設に対して優先的に補助を行う。さらにIC周辺への工業団地の新規造成を促すため、ICと団地のアクセス道路を整備する自治体に対し、交付金を従来より手厚く配分する方針だ。
 IC周辺で民間事業者が物流倉庫を整備する場合、国や自治体が許認可手続きを他の計画より優先して行うようにする改善策も検討する。
 民間事業者がIC周辺で物流倉庫や工業団地などの整備・造成をより戦略的に行えるようにするため、高速道路やICの開通情報を従来より細かく提供していく考え。現在は年1回程度しかこれらの情報提供を行っておらず、開通時期の急な変更で民間事業者の投資計画などに狂いが生じることもあるためだ。
 国交省は、IC周辺への企業立地が進めば、地域経済の活性化や企業の生産性向上につながるとみている。

国交省/スマートIC整備の支援強化/高速道沿いに企業誘導

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  8. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  9. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

  10. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top