新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」……排ガス3次規制対応 画像 新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」……排ガス3次規制対応

インバウンド・地域活性

日立建機は、新型ホイールローダ「ZW-5」シリーズに「ZW30-5B」を設定して10月1日から発売すると発表した。

ZW30-5Bは、国土交通省排出ガス対策型建設機械3次基準(指定申請中)に適合したミニホイールローダで、従来機の操作性、安全性を踏襲しながらも、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められる点を改良した。

パワートレインには実績のあるハイドロ・スタティック・トランスミッションシステムを採用し、アクセルワークひとつで車両の速度を制御することが可能。乗降口の左右には、グラブハンドルと大型ステップを装備し、乗降性の向上を図った。キャノピ仕様のほか、安全性の高いROPS/FOPSキャブをオプションで設定する。

また、大きなごみが浮遊している作業環境向けに、ラジエータダストスクリーンをオプションで設定する。盗難を抑制するNSキーを標準装備するとともに、盗難抑止効果の高い電子キーロックをオプションで設定する。畜産用バケット、亜鉛メッキバケット、各種除雪プラウ、フォークなど、利用条件に応じたアタッチメントも用意する。

フルオープンボンネットの採用でメンテナンス性の向上も図った。

販売目標は、国内向けに合計で年間1500台を見込む。価格は545万円。

日立建機、新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」発売…排ガス3次規制対応

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

    【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top