新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」……排ガス3次規制対応 画像 新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」……排ガス3次規制対応

インバウンド・地域活性

日立建機は、新型ホイールローダ「ZW-5」シリーズに「ZW30-5B」を設定して10月1日から発売すると発表した。

ZW30-5Bは、国土交通省排出ガス対策型建設機械3次基準(指定申請中)に適合したミニホイールローダで、従来機の操作性、安全性を踏襲しながらも、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められる点を改良した。

パワートレインには実績のあるハイドロ・スタティック・トランスミッションシステムを採用し、アクセルワークひとつで車両の速度を制御することが可能。乗降口の左右には、グラブハンドルと大型ステップを装備し、乗降性の向上を図った。キャノピ仕様のほか、安全性の高いROPS/FOPSキャブをオプションで設定する。

また、大きなごみが浮遊している作業環境向けに、ラジエータダストスクリーンをオプションで設定する。盗難を抑制するNSキーを標準装備するとともに、盗難抑止効果の高い電子キーロックをオプションで設定する。畜産用バケット、亜鉛メッキバケット、各種除雪プラウ、フォークなど、利用条件に応じたアタッチメントも用意する。

フルオープンボンネットの採用でメンテナンス性の向上も図った。

販売目標は、国内向けに合計で年間1500台を見込む。価格は545万円。

日立建機、新型ミニホイールローダ「ZW30-5B」発売…排ガス3次規制対応

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 東北の「復興加速化会議」。ICT導入拡大や担い手確保

アクセスランキングをもっと見る

page top