バター不足解消なるか、農相「追加輸入せず」

インバウンド・地域活性

 林芳正農相は25日の閣議後会見で、不足が心配されているバターについて、「追加輸入は実施しない」との考えを表明した。国内の生乳生産量の増加傾向や乳業メーカーがバターの供給量を増やす計画を踏まえると、供給が需要を上回り、年末の需要期にも不足は回避できると見込んだ。

 バターは2015年度も不足が見込まれたことから、農水省は1月にカレントアクセス(現行輸入機会)で2800トンの輸入を決め、さらに5月、不足を補うため1万トンの追加輸入を決めた。年末の需要期までに実需者へ売り渡される。

 需要期に向け、需給を踏まえてさらに追加が必要かどうか9月に判断するとしていた。Jミルクが25日に公表した15年度のバターの生産量見通しは6万5900トンと、前年度比7%増。生産現場による生乳増産の取り組みの成果が出たためで、需給は安定する見通しだ。同省はバターの年度末在庫量は2万1400トンと、過去3年間で最多になると見込む。

 これに林農相は「15年度末までの需給状況を見て、供給が需要を上回る」との見方を示し、9月の追加輸入は不要とした。併せて同省はバターの供給が安定していることを小売店や洋菓子店などに説明し、品薄感を拭い去るよう努力する方針を打ち出した。 

バター追加輸入せず 供給が需要上回る 農相 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top