さいたま市で自転車用ロッカー設置、自転車によるまちづくりの一環として 画像 さいたま市で自転車用ロッカー設置、自転車によるまちづくりの一環として

インバウンド・地域活性

 埼玉県の大宮駅西口にある自転車複合サービス拠点「SAITAMA Cycle Station」で、日本コンピュータ・ダイナミクスが展開する自転車専用ロッカー「B-box」が設置された。月額8600円から利用できる。

 さいたま市では市内に複数ある拠点のどこでも返却可能なレンタル自転車サービス「さいたま市コミュニティサイクル」を推進するなど、自転車利用の文化普及に取り組んでいる。今回B-boxが設置されたSAITAMA Cycle Stationも、コミュニティサイクルの拠点であると同時に、クロスバイクや電動アシスト自転車のレンタルなどを行ってきた。

 設置されたB-boxはロッカー式の駐輪ボックスで、3個の南京錠付きのボックスに自転車を1台ずつ収納できる。近年では駐輪場不足に加え、高級自転車へのイタズラやパーツ盗難が増えてきた。その中で、同ボックスでは車両自体への施錠だけでは防げない被害からも、自転車を守ることができる。

 なお、ボックスは縦型収納のため省スペースで、デッドスペースなどでの展開も考慮された。今年4月の東京都・武蔵境駅前への設置を皮切りに展開中で、埼玉県内での設置はこれが初となる。

 SAITAMA Cycle StationのB-boxは防犯カメラや出入口管理ゲートといった防犯システムを備えるほか、更衣スペースが付帯。通勤などの前後でサイクル用の服装に着替えられる。自転車による通勤などが注目を集めるなか、まちづくりでも自転車活用は首都圏などでひとつのテーマになりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 【熊本地震】解体など人手不足、労務単価の高騰も

アクセスランキングをもっと見る

page top