さいたま市で自転車用ロッカー設置、自転車によるまちづくりの一環として 画像 さいたま市で自転車用ロッカー設置、自転車によるまちづくりの一環として

インバウンド・地域活性

 埼玉県の大宮駅西口にある自転車複合サービス拠点「SAITAMA Cycle Station」で、日本コンピュータ・ダイナミクスが展開する自転車専用ロッカー「B-box」が設置された。月額8600円から利用できる。

 さいたま市では市内に複数ある拠点のどこでも返却可能なレンタル自転車サービス「さいたま市コミュニティサイクル」を推進するなど、自転車利用の文化普及に取り組んでいる。今回B-boxが設置されたSAITAMA Cycle Stationも、コミュニティサイクルの拠点であると同時に、クロスバイクや電動アシスト自転車のレンタルなどを行ってきた。

 設置されたB-boxはロッカー式の駐輪ボックスで、3個の南京錠付きのボックスに自転車を1台ずつ収納できる。近年では駐輪場不足に加え、高級自転車へのイタズラやパーツ盗難が増えてきた。その中で、同ボックスでは車両自体への施錠だけでは防げない被害からも、自転車を守ることができる。

 なお、ボックスは縦型収納のため省スペースで、デッドスペースなどでの展開も考慮された。今年4月の東京都・武蔵境駅前への設置を皮切りに展開中で、埼玉県内での設置はこれが初となる。

 SAITAMA Cycle StationのB-boxは防犯カメラや出入口管理ゲートといった防犯システムを備えるほか、更衣スペースが付帯。通勤などの前後でサイクル用の服装に着替えられる。自転車による通勤などが注目を集めるなか、まちづくりでも自転車活用は首都圏などでひとつのテーマになりそうだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top