【ツーリズムEXPOジャパン】北海道新幹線!「GranClass」シート体験 画像 【ツーリズムEXPOジャパン】北海道新幹線!「GranClass」シート体験

イベント

 「ツーリズムEXPOJAPAN2015」の北海道ブース、およびJR東日本/JR北海道ブースでは、2016年3月26日に開業が決定している北海道新幹線を大々的にアピールしていた。新青森駅から新函館北斗駅の間を約1時間で結ぶ北海道新幹線により、青森と函館が身近になり、双方での観光客の呼び込みが活性化しそうだ。

 北海道ブースでは、11月13日から15日に催される東京駅(動輪の広場)の開業イベントに合わせ、北海道新幹線H5系のフォトモザイクを制作するための撮影コーナーを設置。来場者が顔を撮影すると、自分の写真がピースの一部になって、新幹線として掲載されるというものだ。

 また隣のJR東日本/JR北海道ブースでも新幹線をテーマにした展示ブースを設置していた。こちらは、別格のゆとりと心地よさを提供する「GranClass」(グランクラス)のシートを体験できる舞台を用意。グランクラスは3列シートで、折りたたみ式テーブルや、角度を自由に変えられる読書灯、電源、リクライニングの制御やアテンダントを呼び出せるコントロールパネルなどが付いている。

 このほかにもJR東日本とタカラトミー、小学館集英社プロダクションの合同企画「シンカリオン」の巨大なロボットや、レゴで組み上げた新幹線などが目をひいた。シンカリオンは、その名のとおり、新幹線が変形してロボットになるものだという。

【ツーリズムEXPOジャパン】来年3月開業の北海道新幹線!「GranClass」のシート体験も

《井上猛雄》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

    【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

  3. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  4. 「日本の製造業を元気にしたい」、あのコマ大会がサポーター募集中!

  5. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  6. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  7. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  8. 大型トラックのタイヤ交換、ホイール脱着も全自動――小野谷機工

  9. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  10. 【農業ワールド】適切な農薬使用を教えてくれる、農薬日誌アプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top